雑誌に背中を押される

来年のカレンダーや手帳が欲しくて、雑誌の1月号を買うという人は結構多いと思う。
(少なくとも自分以外に身近に3人、そういう人を知っている。)
私は、今回、花のカレンダーとキャス・キッドソンのトートバッグが付録だというので
LEEの1月号を買った。
カレンダーもバッグも満足の780円!
付録めあてで買うという行為は、その昔、「りぼん」や「なかよし」を買っていた頃を
彷彿とさせる・・・遠い目。

毎号買っているわけではないので、物珍しさも手伝って隅々まで読んでしまった。
すると、ある記事が私をとらえて放さない。その記事とは・・・
ずばり!「今髪型を変えるなら、ふんわり立体ボブ」!
なんだか1週間その記事を眺めているうちに、髪型をボブにしたくなってしまい、
ずっと伸ばしていた髪を短くしてしまったのだ。

一番最初に髪型の変化に気付いたのは、なぜか、書店の店長さん。
家族1は「おばさん、髪、切ったの?」。何度も言うが、私はあなたの母ですから〜。
家族2は「ずっぱり切ったねえ。」「じょりじょりしたとこ、触ってみる?」「いらねえ!」
最後の一人は、未だ気付かず。

職場では「よく思い切って。」とか「なんで切ったの?」と口々に言われたが、
思い切ってとか、わけあって、ではなく、ただ、雑誌に背中を押されただけ。
そして、切った途端に、雪が降って、襟足が寒いだけさ。
by barnes_and_noble | 2007-12-18 22:57 | モノローグ | Comments(16)
Commented by 先輩1号 at 2007-12-19 01:09 x
なつかしいなあ!
子どもの頃読んだマンガは
りぼん、なかよし、別マ、別少、週マ、週少、
それだけでは飽き足らず、貸本屋にも通っていました。
付録のある本は、高級品で魅力一杯でした。
よ~し、私も付録を求めて本屋に行ってみよう。
新しい髪型いいですね。見てみたいです。
じょりじょりしているうちにね。
Commented by bowie94 at 2007-12-19 15:34
わたしがりぼんで妹がなかよし。
りぼんの方がおとなっぽい気がしてそうしていたんですが
なぜかいつも妹のなかよしの付録の方が良さそうに見えて・・・。

わたしも付録に弱いです、それもめちゃめちゃ弱いw
いつもは買わない雑誌でも付録に釣られてしまいます。
新発売のシャンプーの試供品みたいなのじゃ動きませんが、
このLEEの付録のような、大物(布モノ)はお得感高いですよねっ。

ステキな髪型のアイデアもゲットされて、よかったですねー。
後姿だけでもいいのでどんなボブなのか見せてくださいよぅ~♪
Commented by ville202hirocat at 2007-12-19 18:42
いや〜ん、barnesさん、私も切ったんですよ。
そっか、「ふんわり立体ボブ」が旬なんですね〜。
私も今回はボブ風なのですが、髪を乾かした直後は「鬼太郎」みたいなんです(^^;)
それでも旬でしょうか〜?! 立体ボブはきっと違うんだろうな・・笑
Commented by barnes_and_noble at 2007-12-19 21:10
>先輩1号さん、そうそう、マーガレットと少女フレンドは週刊と月刊があったんですよね。楳津かずおの連載もありました(怖かった〜)。みんなが同じ媒体でまんがを読んでいた、あの頃。でも、あの頃があって、今の私たちがあるんですよね。忘年会2次会あたりで「じょりじょり」を見せてあげましょうか(笑)。
Commented by barnes_and_noble at 2007-12-19 21:13
>ヤッホーさん、りぼんとなかよしの二大少女月刊誌は付録が充実してましたね。田淵由美子とか陸奥A子ものが欲しくて、たまらなかったです。
私の後ろ姿が見たいとな?それはそれは恐ろしいので、やめたほうが・・・(笑)。
Commented by barnes_and_noble at 2007-12-19 21:18
>hirocatさん、いや〜ん、おんなじこと、考えてましたね。私の思うところ、「立体ボブ」って、ほとんど「鬼太郎」の髪です(笑)。実に紛らわしいby湯川学。
Commented by momo* at 2007-12-20 04:47 x
私もりぼんが好きで、妹はなかよし、でした。^^)
付録がね、魅力ですよね~。田淵由美子、陸奥A子。。。う~ん、大好きでした。あんな恋愛がしたい~と思っていました。(笑)
Commented by yorikoguma at 2007-12-20 13:18
私もいまボブです!が、立体とはどんな感じなのか??
気になります。
しかも、じょりじょりがあるって???
乙女が失恋したからといって髪を切った!というのを
現実には知りません。
髪を切ってもらうのはすっきりするし、人にしてもらうシャンプーは
とても気持ちいいので失恋のぐずぐずにはいい癒しではありそう
ですが!!
わたしは「りぼん」でした。笑
Commented by mirionn at 2007-12-21 09:41
私も欲しくなった~この付録~!
新年を迎えるにあたって髪型で気分一新ね(o^-^o) ウフッ
Commented by polaris221 at 2007-12-21 21:20
私もりぼんを買ってました。
学校の帰りにランドセルをお店の横に隠して買いに行ってたな(笑)
中身よりもちろん付録目当てで!
髪切りに行きたいな♪
Commented by barnes_and_noble at 2007-12-23 23:42
>momoさん、あの頃、姉か妹がいれば、そういうこともできたのですが、残念ながら、弟しかいなかった私は、隣の家の子と1冊ずつ買って、交換して読んでました。わがやには田淵由美子の単行本が7冊ほどあるのですが、以前、家族がトイレで読んでいたのを知って、怒りまくりました。聖なるものを汚された感じでした。
Commented by barnes_and_noble at 2007-12-23 23:48
>kogumaさんもボブ?そう、失恋とかして髪切るって人を私も知りません。「切りたくなったから、切る」の世界です。私は小学生の頃は「なかよし」と「りぼん」を交替で買っていたのですが、実は(ここで、声が小さくなる)それ以後、大学生の時まで「りぼん」を買い続けていたのです(あ、言っちゃった)。
Commented by barnes_and_noble at 2007-12-23 23:51
>mirionnさん、付録だけで780円の価値はありますよ。カレンダーの花の写真がとってもきれいなんです。今日、久々に母に会いましたが、髪型の変化に気がついていない様子でした。髪が短くなったので、これからは今までよりもこまめに美容院通いをしたいと思います(とは言っても、人よりはこまめではありませんが)。
Commented by barnes_and_noble at 2007-12-23 23:55
>polarisさんは「りぼん」派ですね。付録はほんとに魅力的でした。使うのが勿体なかったです。今、月刊の女性誌が付録合戦なのは、「りぼん」や「なかよし」世代をターゲットにしているせいでしょうか。競い合ってもらうと、読者はとっても楽しいです。
Commented by jsby at 2007-12-27 07:58
「リボン・なかよし」懐かしい!特に12月号が楽しみでした。付録満載
で、両誌を買ってもらいたいがために勉強を頑張ったような気がします。
今でも、あるのかしら?ゲームも携帯もなかった頃の方が夢があった
なんて思うこの頃です。

立体ボブにんさったのですか?スパッと切った途端に雪模様とは
想像しただけでも「おお~寒い」とプルプルしてしまいました。でも、
タートルのセーター姿には似合いそう。
Commented by barnes_and_noble at 2007-12-27 20:37
>jsbyさんもですか?今はあまり聞きませんね。「3丁目の
夕日」のように、昭和のあの頃の方が、夢は絶対ありましたよね。今は、なんだか夢も想像力も乏しい世の中。寂しいです。
別の雑誌でもボブ特集をしていました。これじゃ、世の中、みんなボブになっちゃうんじゃないの〜?今日はマイナス6度。マフラーは手放せません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< パッチワーク風読書 年末の「ちょこっとおいしい」 >>