ゴムボートの修理代16,000円は高いか、安いか、妥当か?

この間、参加した川くだりで、
ゴムボートの底が「ト」の字の形にかぎ裂きになり、
修理に出したのが、直ったとのこと。

ひょっとしたら、修理代は無料かも・・・
なんて考えは、とっても甘かった。

修理代は16,000円也。
ま、新しいボート買うよりは、安い。
でも、あの日、もっと川の水量が多ければ、
こんなことにはなってないのに、と思うと、高い。

16,000円あれば、ケーキセットが何回食べられるだろう、とか
色鉛筆が何本買えるだろう、とか
ユニクロでTシャツが何枚買えるだろう、とか考えると、高い。
でも、次の川くだりに安心して出られることを考えると、安い。

このような場合、16,000円は妥当な値段だといえるのかもしれない。

さあ、次の大会では、頭と肝に「16,000円、16,000円・・・」と
インプットし、賞品の新しいゴムボートを手に入れようではないか!
と思って、要項を見てみたら、どこにも、賞品にボートなどと
書いていなかった。ちょっと、悲しい。
by barnes_and_noble | 2004-07-14 21:21 | モノローグ | Comments(2)
Commented by paper at 2004-07-14 23:07 x
 ボートの底って、そんなに裂けないと思いますけど、よっぽど運が悪かったみたいですねえ。新品は3万円くらいはするでしょうから直したほうが安いでしょうが、確か、靴代もかかっているのでしたよね。2万6千円くらいでしょうか損失は?
 次回があるのであれば、賞金?をゲットしてください。
Commented by barnes_and_noble at 2004-07-15 21:47
靴はお下がりだから、ただ。フリマで参加賞のTシャツを
売って、400円。大会参加料が、4000円。
16000+4000-400=19600
ボート大会の出演料は19600円だったということですね。
次回は25日の日曜日です。がんばります!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 恐ろしや 沈みゆく家の解体! 「一生のおねがい」って、もう使った? >>