こんな夏の1日でした

昨日、おととい、と、過密スケジュールで過ごし、
クールダウンが必要。

当番なのでいつもよりちょっぴり早く職場へ。
時間のたつのが、遅く感じられる。

とりあえずやることやっちゃって、休憩。
いつもは何かを必ずやっていたいのだけれど、
たまにぼーっとするのって、大事だな。

そうしてると、次にやったほうがいいことや
見て見ぬふりをして、しまいに忘れてしまっていたことが
見えてくる。

忙しくしていると、目先のことしか見えないんだけれど、
ぼーっとしたあとは、もうちょっと先が見えてくるような気がする。

晴れていた空が掻き曇って、突然の雨と雷。
今日は、おとなしくしてなさいってことだね。

本を2冊読み終えた。
葉書を書いた。
晩御飯は早めに食べた。
洗濯物を今から干す。
音楽を聞きながら、ほんのちょっぴり掃除をする。

こんな夏の、平凡な1日。
あまりに平凡なので、いつもは皮肉の1つも書いて終わりにするブログを
淡々と書いてみた。
by barnes_and_noble | 2004-07-26 20:53 | モノローグ | Comments(2)
Commented by paper at 2004-07-27 17:49 x
確かにボーっとするのは必要ですね。
結構、何かをしていないと心配で、予定がないとダメな人っているような気がします。
ゆっくり、自分のことや大切な人との関係を見直すことって大切ですよね。
Commented by barnes_and_noble at 2004-07-27 21:12
はい、本当にそうだと思いました。
でも、こわいです、ボーっとして、そのまま元に戻らず、
アルツ君、ハイマーちゃんになっちゃったら・・・と。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 学生証を拾ったが・・・ 狙われたゴムボート、犯人は? >>