そこは一面のひまわり畑、でも3日後には・・・

今日から3日間、市内の農業研究センターで
510aのひまわり畑の一般公開。

農業研究センターは、ローマ市の中にある、バチカン市国のような存在。
広い畑には、季節によって、いろいろな作物が育てられ、
家畜も牧場に飼われている。

さて、左には一面のひまわり畑、右には一面のコーン畑、
風に黄色い花が揺れ、コーンの緑の葉がそよぐ。
広い畑では、風が見える。

保育園児たちがお弁当を食べている。
茶色い牛たちが、草を食んでいる。
のどか~。
ここは本当に市内なのか~。

左を見れば、映画「ひまわり」の世界、
右を見れば、映画「ウォルター少年と夏の休日」の世界。

それはそうと、このひまわり、土壌改良のためのもので、
観賞用ではないとのこと。
一般公開が終わった3日後から、全部刈り取られて、
畑の連作障害防止のために、土に漉き込まれるんだって。
初めて知った真実。
驚きだ!

どうせ刈るんだからと、1人3本好きなひまわりを持っていっていいよと
ハサミを渡されたので、コップに挿せるよう、
細くてちっちゃいひまわりを貰ってきた。

私の3日後の仕事は、職場のワックス塗り。
それより、ひまわりの刈り取りを手伝いたい私である。
邪魔なこと、間違いなしだが・・・。
by barnes_and_noble | 2004-08-09 22:28 | モノローグ | Comments(2)
Commented by ckmusic at 2004-08-09 23:53
はじめまして~~。
ワタクシも同じ市内に住む者です。

ひまわり。
今日の夕方のニュースで見ました。
菜の花もそうだけど
ホント短い命なんですよね。
あっという間に刈られちゃう・・・。

事後承諾となりますが
リンクいただいてよろしいでしょうか?
Commented by barnes_and_noble at 2004-08-10 20:16
はじめまして。どうぞよろしく。
どこかで会っているかもしれませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 夏休みにいかが?『てん(the... 「魔女の宅急便」と「Be-pa... >>