ここぞという力

全日本フィギアスケート選手権が終わった。
さまざまな競技がある中で、
フィギアスケートほど緊張感のあるスポーツも珍しい。
優雅な演技を強いられつつ、足下はつるつるの氷。
今回は特に、オリンピックの選手選考も兼ねているドキドキもの。

今回はなんといっても、怪我から復活した高橋大輔と
調子が今ひとつだった浅田真央に注目。
どちらも去年は絶好調だったのに、前回の大会では出場権を得られなかったので、
今回が最後のチャンス。

この二人はいつもいざという時に、キメてくれる。
昨日と今日もそうだった。
「ここぞ!」という時、力を出し切れた二人に、学ぶところは大きい。
「ここぞという力」に、乾杯!
by barnes_and_noble | 2009-12-27 22:14 | モノローグ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 12月の3本 クリスマスの次の日 >>