あと3週間!

12月になってしまった!と思ってから、はや10日が経とうとしている。
色々なことを先送りしていたツケが溜まって、
山盛りになっている。

2018年もあと3週間。
できるだけ誠意と行動力をもって、山を崩していかなければ。
ある意味、締切があるからこそ、物事は進むのだ。
・・・と考えて、頑張るしかない。

でも、それくらい頑張れれば、今頃、ツケが山盛りになっているわけはないよね。


# by barnes_and_noble | 2018-12-09 23:09 | モノローグ | Comments(0)

困ったもんだ、私にも来た!

帰宅して、郵便物を見たら、
私あてに謎の郵便物が!
「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」とある。
身に覚えがない。
そんな時は電話で問い合わせてはいけないことくらい、私も知っている。
この葉書を私に送りつけてきたと思われるように書かれている
「法務省管轄支局」を検索したら、
こういう郵便物での詐欺が横行しているので、要注意!とのこと。

困ったもんだ。
小市民はこのような郵便物が配達されたら、
ドキドキしてしまう。
こんな物を配達させられる郵便屋さんにも気の毒。
全く腹が立つ。
ただでさえ、師走に突入して、気ぜわしいというのに。

この郵便物を出した人!
バチが当たるぞ!!
反省しなさい!!!

仕事の帰りに樹木希林さん出演の「モリのいる場所」を見て、
穏やかな気持ちになっていたのに。

明日は心穏やかに過ごせますように。

# by barnes_and_noble | 2018-12-03 22:27 | モノローグ | Comments(0)

12月になった途端に・・・

雪降り。
これからの日々を思うと、うんざり。
タイヤだけは1週間前に家族に替えてもらっていて、助かったけど。

今年もほんとにあと1カ月。
毎年毎年思うことだけれど、
1日1日充実させて、
11カ月でやり残していたことを
リストアップして、ちゃんとちゃんと消していくと
決心した朝。

取り急ぎ今日は、
・冬の小さなおはなし会
・反省会&ランチ
・アルバイト
・取り溜めビデオの整理
・その他こまごま もろもろ

# by barnes_and_noble | 2018-12-01 08:36 | モノローグ | Comments(0)

嵐 5×20 初日にまつわる旅 2日目

旅行にでると、家事をしなくていいのが、いい。
のんびり朝食をとってから、
狸小路と大通公園を端から端までさんぽがてら歩く。

今回はあれこれと行きたいところをめぐる時間はなかったので、
期間限定の「象印食堂」をやっている吉翔といういうお店を探し当て、
昼ごはんを食べる。
象印100年目の最高傑作という炊飯器「炎舞炊き」で炊いたご飯の定食。
あんまり微妙な味の違いはわからない私だが、
お米の一粒一粒が大切にたかれているのを感じた。
お土産にお米(2合)を貰って、嬉しいやら、
「でも、このお米を炊くのは、家の安い釜なんだよな。」と残念に思うやら。
年末ジャンボで当たったら、迷わず「炎舞炊き」に買い替えようと思う。

満腹のお腹を抱えて、市電に乗ってみる。
途中で降りて、引き返し、あとは駅でお土産とお弁当を買って、列車に乗った。

おしゃべりの後は
フェルメール展で購入した「フェルメール 最後の真実」を読み終え、
気になっていたナンバークロスも解き終え、
楽しかった旅を終えた。

この旅行の余韻で、年末も乗り越えられそうである。


# by barnes_and_noble | 2018-11-26 16:33 | 旅行 | Comments(0)

嵐 5×20 初日にまつわる旅 1日目

運よくツアー初日に当選した私と友人。
札幌へは空の旅・海の旅を経験しているので、今回は鉄道の旅。
今までは色々詰め込み過ぎた旅だったが、
今回はいくつか行きたいところをピックアップはしたが、
成り行き任せということで。

列車の中の駅弁は、のんびりしていていい。
友人の選んだ駅弁は、新幹線内の冊子にも載っている「おススメ」だったので、
テンションが上がる。
札幌駅から、札幌ドームに直行する。
何せ、限定グッズの購入を2人から頼まれていたので、
それを購入できてから六花亭のカフェに行こうという算段。

ところが、購入に2時間もかかってしまい、
カフェにはいかず、そのままドーム内へ。
LIVEの前の人たちはみんな期待に満ちた顔。
それを眺めるのも楽しかった。

LIVEは、それはもう20年の集大成といった感じで、
次から次へとよく知った曲が出てきて、
本当に楽しかった。
楽しすぎて、買わないつもりだったパンフレットを買うために
グッズ売り場へ寄り、ホテルに着いたのは、12時を回っていた。

私たちの空腹を支えたのは、おやつの数々。
持っててよかった、いろんなお菓子。
ツインのはずが、なぜかラージツインの部屋に変更になり、
広々した部屋で「明日の朝は、ゆっくり寝てようね。」と眠りにつくが、
BSの「まんぷく」の時間には、間に合うように起きてしまう主婦たちなのだった。

# by barnes_and_noble | 2018-11-19 23:18 | | Comments(0)

ことことこーこ

阿川佐和子の新刊「ことことこーこ」(KADOKAWA)を読んだ。
離婚して、出戻った40代のこーこが直面したのは、
親の介護と仕事探し。

私にとっては、「ああ、わかる、わかる」の連続だった。
親の面倒を気にかけるのは、近くに住んでいる者の役目になってしまう。
離れたところに住む兄弟は、あてにしてはいけないのだ。

今日はとても暖かい1日だったから、仕事のあとに、
午後、ちょっと実家の片付けに行ってきたが、
天気が悪いと、行く気にもなれない。
明後日も行こうとは思ってるけど。

親が親で無くなる感覚は、なんとも形容しがたい。
だが、親がいつも「ありがとう。」を忘れない優しい気持ちでいることが救いである。

本の感想でなく、自分のつぶやきになっているが、
こーこがこれから踏み出した1歩に幸あれ。

# by barnes_and_noble | 2018-11-13 20:16 | | Comments(0)

大人の遠足

10日前に東京に出かけた時は、
残っていたバナナや飲みかけのペットボトルや
家族がもらって来た駄菓子やらをカバンに詰め、
新幹線の中で広げて、
「わあ、おばさん丸出し!」と笑われた私。

だけど、5日後に行く札幌のために
頂き物の「青森ホタテバターのパリパリせんべい」や
「伊豆で水揚げされた金目鯛せんべい」を
持って行くために、食べずに我慢している。
飲み物だって、初の北海道新幹線の車内で珈琲を買おうか、
乗り込む前にベンダーで買おうか、
小さな水筒に持っていこうか、あれこれ考える。
1泊2日だというのに。

でも、あれこれ考えるのがこれまた楽しい、大人の遠足。
絶対に忘れてはいけないのは、双眼鏡!


# by barnes_and_noble | 2018-11-11 15:46 | 旅行 | Comments(0)

今日のおはなし会は・・・

今日の午後は、書店のおはなし会。
いつもよりは、早く到着したのに、
店内に子どもがひとりもいない・・・。
店員さんに「今日、近くで何か行事ありましたっけ?」と訊くと、
「ないみたいです。おはなし会の時間を確認する電話もありました。」とのこと。

おはなし会、5分前。1組の親子がやって来て、一安心。
その後、徐々に子ども達が駆け込んできて、
あれ?いつもより多いぞ。

ってなことで始まったおはなし会。
今日のメインは「たこやきのたこさぶろう」(長谷川義史作 小学館)。

# by barnes_and_noble | 2018-11-10 23:37 | | Comments(0)

徒労

今日は、歌人と実家の片付けを少しした。
一昨日、糸や羊毛を早く整理した方がいいと
人生のおねえさまたちにしみじみと言われたこともあり、
しばらく実家の片付けを放置していた弱みもあって。

で、車1台分の羊毛と糸を積んで、届けて、帰宅。
あれ?私が積んだはずの荷物がない!
あわてて、届け先に行って羊毛と糸の山を探すも、
それらしき物はなし。

「ひょっとしたら、実家にあるのかもよ。」と
言われ、半信半疑で実家に戻ると、
玄関に、探していた荷物があった。

物があったのはよかったけれど、
私の大事な時間が~。

ただ、実家と自分の家と届け先が同じ市内でよかった
ということは言える。

# by barnes_and_noble | 2018-11-08 17:46 | モノローグ | Comments(0)

そういう人に私はなりたい

実家を整理した時に、母が使うつもりで取っておいた糸や羊毛の山を
どうするかが問題だった。

つてを頼って、引き取ってくれる人と会ったのが、8月。
その後、1回、糸を糸巻きと一緒に届けてからは、
届けるタイミングを逃していた。

すると、先週末、電話がかかってきて、
ジャケットを作ったから渡したいと。
なんと、自分の機にかかっていた糸に届けた糸を織り込んで、
ジャケットに仕立ててくれたのだという。

前回会った時に、大体の体格がわかったので、
肩幅は若干狭くしたとか、袖の長さも考えたとか、
細やかな心遣いに感謝。
暖かくて、軽い。
ポケットもついている。
洗濯機で洗ってもいいとのこと。

「あのね、自己流だから、大したことないのよ。」とほほ笑むが
大したことある!
しかもデザイン違いで2着も!

黒のタートルネックの上に羽織れば、
様々な色が織り込まれているので、映える。

お話をしていると、すごく豊かな気持ちになれる。
これから年を重ねていった時、こういう人になりたいと思った次第。


# by barnes_and_noble | 2018-11-06 21:15 | モノローグ | Comments(0)

二度続けて後頭部がうつる、の巻

先週の金曜日、上京したついでに
TBSテレビの「ひるおび」を観覧してきた。
生番組がどんなふうに収録されているのか、興味があったので。

帰宅して、録画した番組を見てみたら、
後頭部が2度ほど映っていた。
自分の後頭部を観ることはないので、
はあ、こんな後頭部なのね、と納得した。

すると、日曜日、新聞の地方版で、その後頭部に再開してしまった。
土曜日に聴きにいった講演会の記事で、私の後頭部が写っていたのだ。

要するに、私の後頭部は「にぎやかし」的なものなのだ。
3日間の間に、2度も自分の後頭部を見てしまった私の結論。

# by barnes_and_noble | 2018-11-05 23:34 | モノローグ | Comments(0)

文化の日を突っ走れ!

文化の日は晴天で始まった。
「チコちゃんに叱られる!」を見てから、
出かける前に洗濯干して、美術館にGO!
「美術館まつり」で午前中2回のおはなし会。

お次は美術館の隣の先人記念館へ。
文化の日記念茶会にに参加。
久しぶりに数寄屋袋を出してきて、白い靴下を出して、お茶室へ。
紅葉を模した主菓子に久々の抹茶。

2時からは市立図書館で「本をめぐる冒険」という演題の講演を聴く。
その後、洗濯を取り入れ、
6時から元の職場の仲間と飲み会。

1次会が終わってから、映画館で「日日是好日」を観る。
お茶会に出たその日にこの映画を観るのは、とても趣深かった。

帰宅してから、自分の登場した(4分半だけど)番組をひとりで恥ずかしがりながら観て、
今に至る。

一昨日から3日間、突っ走りすぎた。
明日は静かに家のことだけしていよう。

# by barnes_and_noble | 2018-11-03 23:59 | モノローグ | Comments(2)

愕然

必要に迫られて、PCに入っている写真の中から
何枚かをピックアップすることになった。
見ていて、愕然とした。

今年の健康ウォークも一昨年の健康ウォークも
はたまた5年前も7年前も、
時期がおなじとはいえ、
全く同じボーダーのシャツを着ていたのだ。

あんまりだ、自分・・・。

今日の外出もジーパンとセーターにしようかと思っていたが、
ワンピースを着ることにした。
このままでは1年のうち、360日ジーパンで過ごすことになる。
着飾る必要はないが、彩はあったほうがいい。

新しい服を買う時間もお金もないが、
明日から少しはコーディネートを工夫しようと思った1件だった。

# by barnes_and_noble | 2018-10-28 23:42 | モノローグ | Comments(0)

BARNES,「旅猫リポート」に涙する

映画を観て、久しぶりに泣いた。
少し涙ぐんだり、ジーンと感動に浸ることはあったけど、
こんなに泣いたのは、本当に久しぶり。

主要な人物がみんないい人で、
細かな心理描写ができていて、
ちょっと生意気な猫がまたよくて。

原作者の有川浩さんが、脚本を手掛けているところも見逃せないし、
音楽も大貫妙子風で、合っていた。

主人公の福士蒼汰くんのビジュアルが素晴らしかった。

涙はデトックスになると聞くけれど、
本当にそうかもしれない。


# by barnes_and_noble | 2018-10-28 00:23 | 映画・ドラマ | Comments(0)

メールのアドレスが変わったからか!

9月にメールのアドレスが変わったので
知り合いに「メール返って来たんだけど。」と言われることがよくある。
本当はみんなにアドレスが変わったことを知らせるはずが、
知らせそびれてしまった。
段々に知らせていけばいいかと高を括っていたが、
今日、図書館に行ったら、
申込んでいた本の順番になったけれど、連絡がつかなかったと言われた。
おっと、図書館は盲点だった。
いやに、図書館からの連絡がないなあと思っていたのだ。
さっそく登録情報を書き換え、原田マハのエッセイと阿川佐和子の小説を借りてきた。

明日から、ちょっとずつアドレス変更のお知らせをしていこうと思う。

# by barnes_and_noble | 2018-10-25 00:04 | | Comments(0)

気球を追ってどこまでも

先週の金曜日のこと。一関でバルーン・フェスティバルがあるというので、出かけた。
平日に新幹線に乗るなんて、初めてかも。
・・・で、一関に着いたのはいいけれど、
早朝で、バスはまだ出ていない。
タクシーで出発地点まで行くも、
もう気球は出発したあと。

心が折れそうになったが、
気球を追って、タクシーで追いかける。
タクシーに乘るのは、3年ぶり。出費も痛い。
追いかけているうちに、県境を越えて、宮城県に突入。
あぜ道に座り、気球を眺める。
遠くから見ると、灰色に見えるけれど、
近くで見ると、とても鮮やかで、デザインも様々。

最寄りの石越という駅から帰途についた。
昼には盛岡到着。
半日の旅だったが、1日たっぷり過ごしたような充実感。

来年は温泉にでも前泊して、是非、出発の場に立ち会いたいものだ。



# by barnes_and_noble | 2018-10-23 17:28 | 旅行 | Comments(0)

初めてのテレビ取材

今日の午後は、テレビの取材があった。
テレビを見るのは大好きだけど、
テレビの取材を受けるのは、緊張の連続だった。
ま、私の出番など5分くらいだそうだが、
かかった時間は3時間。
しかも、それをテレビ局で編集するなんて、
テレビを見るのは簡単だけど、
番組を作るのは大変なのだなあ。

放送が楽しみなような、心配なようなというより
心配しかない。

取り敢えず、「ぶらぶら美術館」見てから、寝よう。
明日もハードな1日だ。

# by barnes_and_noble | 2018-10-16 23:53 | | Comments(2)

悩ましい・・・

3日前に、嵐のLIVEに当選したので、うかれていた。
ところが、新聞を開いてびっくり!
嵐のLIVEの日に、地元では、私の大好きな作家、
原田マハさんの講演会が予定されているとのこと。
え~!
私、原田マハさんのおはなし聞きたいわ。
しかも内容が、美術館のことだというではないの!

かといって、原田マハさんより嵐を選ぶという選択はできない。
悩ましい、実に悩ましい・・・。

読書好きの友人に、あとで内容を聞くというのも無理。
読書イベントの準備の日だし。

あ、1人いた!
私の代わりに講演を聞きに行って、
内容をきちんと伝えてくれそうな人。
今度、お願いしてみよう。

# by barnes_and_noble | 2018-10-14 21:27 | | Comments(0)

イベントが重なる過ぎる

今日の午後は、市内3か所で本をめぐる講演会や講習があり、
時間帯も重なっていた。
どれに参加しようか、悩んでいたが
仕事から帰る途中に友人とランチしてから一緒に行ける
河出書房新社編集者による
「役にただない編集講義 ムナーリの本を作る愉しみ」という講演会を選んだ。

ブルーノ・ムナーリの本が高いわけがわかった。
高いだけのことはあると思った。
でも、すぐに買える値段ではない。
別な本を書店に注文中だし。

注文中の本が手に入ってから、考えよう。

# by barnes_and_noble | 2018-10-06 23:37 | | Comments(0)

「乃が美」の食パン

朝から爽やかな天気。
しかも、今日は仕事も出かける用事もない。
(用事の中に実家の片付けを入れなければ。)
反対に、家の用事は山ほどある。
・ゴミ出し
・洗濯
・原稿書き
・家計簿つけ・・・
あれ?
あとは、お茶飲んだり、
今度東京に行ったら、どこ行こうかなと検索したり、
ワイドショーで本庶佑さん関連のことを見たりしてたら、もう2時。

今日の天気に見合うことといったら、
昼に、昨日買った「乃が美」の食パンの香りをクンクン嗅いでから、食べたことくらい。
あの香りは人を幸せにしてくれる。

ま、今日はぼちぼちやるか。

# by barnes_and_noble | 2018-10-03 14:30 | モノローグ | Comments(0)

縄文から現代まで

美術館友の会の旅行に参加した。
日々、スケジュールを埋めるように生きているが、
ちょっとほっとしたかったのだ。

バス旅行は目的地まで連れて行ってもらえるのがありがたい。
ゆったりスペースで、隣の人を気にすることもない。
企画する側でありながら、今回は人任せだったので、気楽。

八戸の是川縄文館・レトロな食事処ほこる屋・十和田現代美術館を巡る
9時間の旅。
されど、縄文から現代までの旅。

紅葉が始まった景色がとても心に沁みたことだった。

# by barnes_and_noble | 2018-10-01 01:17 | 旅行 | Comments(0)

いつもこうなる

単行本を買って読んだが、手元に置いても二度と開かないと思ったので、
TSUTAYAに売りに行った。
売上金を手に入れてすぐ帰ればいいものを、
行ってしまうのだ、古書売り場へ。
そうして、買ってしまうのだ、5冊も本を。
いつもこうなってしまう。

でも、仕方ない。
私は本が好きな女。

# by barnes_and_noble | 2018-09-29 00:31 | | Comments(0)

キャリーケースがやって来た!

甥の結婚祝いのお返しに、ギフトカタログをもらったので、
何にしようか迷った挙句、家族で相談して、
エースのキャリーケースを注文した。

今までは、母のお下がりのものを使っていたが、
一方向でしか使えないタイプだったので、不便だったのだ。

注文して1週間。
今日、キャリーケースが届いた。
カラカラと軽快に方向転換できるのがいい。
行きたいところはたくさんある。

でも、まずは、嵐のLIVEに行きたい。
当落がわかるまであと2週間。

# by barnes_and_noble | 2018-09-28 00:12 | 旅行 | Comments(0)

時給問題

1週間前くらいに、ふと新聞で時給のガイドラインが引き上げられた記事に目が留まった。
すると、前の職場の手伝いで、今貰っている額は、今回の最低賃金より低かった。
・・・ということは、時給が上がる?!

すると、昨日の午後、そこに勤めている知り合いからメールが。
「時給が10月から30円上がるって!」
おお、素敵な情報だ。
引き上げられた分で、ひと月に1冊絵本が買えるではないか!
3時間ちょっと働けば、コンビニで珈琲が買えるではないか!

やる気って、報奨や称賛で一気に増すものなのだな。



# by barnes_and_noble | 2018-09-26 13:52 | モノローグ | Comments(2)

ご当地SONGがあるのは嬉しい!

今月は小田和正、大野雄二とルパンティクス6、ユーミンのLIVEに行った。
それぞれに持ち味を生かしたLIVEで楽しかった。

小田和正とユーミンは、盛岡というとご当地SONGがあり、
LIVEの最後にその曲を歌ってくれると、会場との一体感が半端ではなく、
感動もひとしおなのだ。ありがたや。

そんな中、今回、ユーミンのコーラスの紹介があった時、
「むむっ、どこかで聞いたような名前・・・。」だと思った。
コーラスの女性の名前で反応したのは、うまれて初めて。
「ささき しおり」・・・2週間前に行った大野雄二とルパンティクス6のコーラスの人ではないか!
女性コーラス「ふじこちゃんず」の一員でありながら、あの時、1曲ボーカルで歌っていた。
・・・と小さな発見に驚いていたら、連れも気がついていた。

ささきしおりさん、どちらのLIVEも心に残るものでした。
これからも色々なところでご活躍されますように。
今月、2回も岩手に来てくれて、ありがとうございました。

# by barnes_and_noble | 2018-09-25 01:41 | 音楽 | Comments(0)

検査の結果は

若い頃は、健康診断など、気にしたことはなかった。
いつもA判定だったから。

でも、年齢を重ねてくると色々とぼろが出てくるらしい。
去年は大腸の精密検査を受ける羽目になったし、
今年は腎臓の検査を受ける羽目に。
去年は1日がかり、今年は数時間だったが、
どちらもありがたいことに「異常なし」。
その結果に感謝しつつ、1日1日を大切に過ごしたいものだ。
つい「健康であること」を忘れてしまいがちになるから。

昨日は小田和正と和田唱を聴いていたけど、
今日はディオンヌ・ワーウィックを聴いている。
「アルフィー」をリピートして聴くと、このまま珈琲とか飲んでくつろいでしまいそうだ。
リピートはやめて、珈琲を淹れて気持ちを切り替え、頂き物の鬼太郎饅頭を食べて、
原稿を考えなければならぬ。
さて!




# by barnes_and_noble | 2018-09-20 22:22 | モノローグ | Comments(0)

やっぱり音楽はいい。

録画リストの中から
なんとなく「クリスマスの約束」を見ていたら、
なんか癒されて、
音楽っていいなあ、と思った。
特に、60年代、70年代の曲は、いいなあ。
シンプルなメロディーラインが
今よりよほどすっきりしたライフスタイルだったころを思い出させる。

友人からお花をプレゼントされ、
花と音楽に着かれた心を癒された秋らしい1日だった。



# by barnes_and_noble | 2018-09-20 00:16 | 音楽 | Comments(0)

未来を求めて

どんなに悲しくても朝は来るし、
どんなに悲しくてもお腹は空くし、
どんなに悲しくても暮らしは続いていく。

気が早いが、来年が少しはましな1年であるように、
願いをこめて、来年の手帳を買ってきた。
並んだたくさんの手帳の中から1冊。
この手帳には、幸せな予定がたくさん書けますように。


# by barnes_and_noble | 2018-09-12 23:24 | モノローグ | Comments(0)

『書店主フィクリーのものがたり』

午前中の仕事が終わり、
午後は読みかけだった『書店主フィクリーのものがたり』(早川書房)を読むことにした。
今日に限って、時間はたっぷりあるし、たっぷりあるし、ありすぎるくらいだし
(家事に目をつぶればの話)。

「書店主」というワードが入ったタイトルが気になったし、
一昨年の本屋大賞 翻訳小説部門第1位という帯も気になって、購入。

最初の読みにくさを乗り越えたら、
すばらしい展開が待っていた。
島のひとつしかない書店での物語。
フィクリーの残したものは、つながっていく。

読み終えてから、作者ガブリエル・ゼヴィンのデビュー作が
『天国から始まる物語』であることを知った。
あの物語もとても素敵な物語だった。

今日の時間、とても充実していた。
夜になったが、今から、重い腰を上げて、片付けをしようと思う。




# by barnes_and_noble | 2018-09-06 21:03 | | Comments(2)

時間の使い方が下手になった

テレビでは台風のニュース。
自然の前では、人間は何もできない。
被害がこれ以上、広がりませんように。

今朝、はっきり認識したのだけれど、
ここ数日の間に、私は時間の使い方が下手になった。
とってもとっても下手になった。

これじゃ、ダメだ、本を読もう!と思ったけれど、
車まで取りに行かなければならない。
雨が強いので、本がぬれてしまいそうで、躊躇している状況。

# by barnes_and_noble | 2018-09-04 22:21 | モノローグ | Comments(0)