<   2004年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

妖怪「ぺよんさま」出現、大水木しげる展で!

水木しげるの展覧会に出かけた。うかうかしていて、気づけば今日が最終日。
内容は、予想以上、人手も予想以上だった。
解説が漫画で、いちいち読みたくなくなるので、時間がかかる。

生い立ちから、現在に至るまでの道のり、小学校時代の絵やスケッチから
戦争中、紙芝居作家時代、貸本作家時代の作品、「ゲゲゲの鬼太郎」のおもちゃ、
などなど膨大な展示物が、あらゆる年齢層の人たちを驚かせ、楽しませていた。

熱心に見たせいか、疲れて、お腹も空いたので、
付設のレストランへ。
メニューに「水木しげる展」スペシャルランチがあったので、迷わず注文。

妖怪「ぺよんさま」出現、大水木しげる展で!_a0025572_2031174.jpg妖怪「ぺよんさま」出現、大水木しげる展で!_a0025572_2035532.jpg最初にじゃがいものポタージュが出て、
その次が、地鶏もも肉の小悪魔風、
サラダ、
ライス、
東南アジア風デザート、
コーヒーの順。
デザートは、ココナッツミルクとタピオカ、
アイスクリームに
フルーツミックスという充実ぶり。
妖怪「ぺよんさま」出現、大水木しげる展で!_a0025572_218147.jpg
最終日でランチタイムも終わったので、
ラミネート加工してあるメニューを貰うことができた。
鬼太郎ファミリー集合で、かわいいし、
「しげる展」の会期も入っているので、
GOODな自分へのお土産となった。

あ、妖怪「ぺよんさま」のことを書くんだった。

会場で、自由に来場者が退治してほしい妖怪を貼るコーナーがあって、
その中に、妖怪名「ぺよんさま」、出没場所「あらゆる所」、
被害者「中高年の女性に多い」、被害状況「夢中になって、他の事をしなくなる」
というメモが貼ってあった。
日本進出どころか、妖怪の世界にまで進出したペ・ヨンジュンに拍手、パチパチ。
by barnes_and_noble | 2004-10-31 21:20 | モノローグ | Comments(4)

秋の深まりと共に、和菓子も紅葉!


秋の深まりと共に、和菓子も紅葉!_a0025572_20312519.jpg秋の深まりと共に、和菓子も紅葉!_a0025572_2031484.jpg秋の深まりと共に、和菓子も紅葉!_a0025572_20323494.jpg秋の深まりと共に、和菓子も紅葉!_a0025572_20325094.jpg秋も深まり、町並みの紅葉も始まった。
季節を表現する和菓子も、紅葉し、菓子器の色が深まり始めた。
来週になったら、もっと深まりそうなものだが、
来週のお茶のお稽古のお菓子は、特別。

もう明日で10月が終わり、来週は11月。
11月の第1週は「炉開き」。畳の一角を炭をおこして釜をかけるようにする約束。
「炉開き」の日は、和菓子の代わりに、お餅を焼いて、お汁粉を食べる約束。
普段忙しくて、お稽古を休みがちな人も、「炉開き」の日には、必ずやってくる。

「炉開き」の」あとは、和菓子には、霜がかかったり、雪が降ったりして、
和菓子の世界は、紅葉から白い世界へと徐々に移っていく。

季節をお菓子で表現する芸術性には、頭が下がる。
頭を下げながら和菓子を味わっていると、
いつの間にか、芸術はどうでもよくなって、
食べ終わる頃には、食いしん坊の私という事実だけが残ってしまうのだった。
おまけの花たち。
いつも可憐。

秋の深まりと共に、和菓子も紅葉!_a0025572_2111589.jpg秋の深まりと共に、和菓子も紅葉!_a0025572_21122826.jpg秋の深まりと共に、和菓子も紅葉!_a0025572_211351.jpg
by barnes_and_noble | 2004-10-30 21:19 | 和菓子 | Comments(6)

今、行くよ、「スーパースター・カム・サヨン」!

金曜日の夜、夕飯も食べ終わり、今夜はおとなしく家にいようかと思ったが、
気になる・・・何が?って、今夜1回だけ上映される、
本邦初公開の韓国映画「スーパースター・カム・サヨン」。

前評判もよく、興味はあるけど、どうしよう。
そこで、我が映画の友に電話してみたら、
「ただ今、電話に出る事ができません。」・・・さては、映画に出かけたな。
悲し〜い!やっぱり家でおとなしくしてろってことか。

・・・と思ったら、さっき、電話が来て、「いいねえ、行こう!」。
という訳で、「スーパースター・カム・サヨン」見に行ってきま〜す!
by barnes_and_noble | 2004-10-29 20:36 | 映画・ドラマ | Comments(4)

さっむ〜い季節の始まりに、心温まる1冊(2冊)!

ううっ、さむ〜い。あったまろうと、自販機のボタンを押したら、
誤って、アイスミルクココアを選択してしまい、心まで冷えきってしまった。

さっむ〜い季節の始まりに、心温まる1冊(2冊)!_a0025572_21285576.jpgさっむ〜い季節の始まりに、心温まる1冊(2冊)!_a0025572_212997.jpgそんな心を温めてくれる1冊。
「思うとおりに歩めばいいのよ
(ターシャ・テューダーの言葉)」。
メディアファクトリー出版。
帯には、こんな文句が。
「自信のない子供だったのに、こんなに
大胆不敵な87歳になってしまったわ。」


1冊読んで、いいなあ、と思ったら、右側のもう1冊。
「楽しみは造り出せるものよ(ターシャ・テューダーの言葉2)」。
こっちの帯には、こんな文句が。
「歳を重ねるほど、自由になれるわ。奔放に這いまわるツル植物みたいにね。」

バーモントの山奥で、ガーデニングと動物とのナチュラルライフを満喫する
絵本画家ターシャの、自由な精神あふれる言葉の宝石箱!
なんてことも書いてある。
自給自足の生活を送り、すばらしい絵本を世に送り出しているターシャ。
その生活を撮った70点程の写真も色鮮やかで、
1夜目には、言葉を楽しみ、2夜目からは、写真を楽しんでいる。
バーモントの雪景色でさえ、見ていると、心温まる。
心温まるのは、その写真の中に、本当の暮らしが根付いているからじゃないかな。
by barnes_and_noble | 2004-10-28 21:52 | | Comments(8)

ありがとう、BS日テレ!

昨日、BS日テレで「ホテリアー」が最終回を迎えた。
実は、最終回が始まる直前まで、第19話で、来週が最終回だと思っていたので、
腑に落ちないまま、見始めたのだった。

見始めたら、もう、感動の渦の中に巻き込まれ、
久々に心が揺さぶられた。
「愛する」って、こんなに耐え、悩み、想いを熟成させるものなの?!
見終わっても、余韻が残り、心洗われた。
そして、ハッピーエンドで、本当によかった。

それはそうと、なぜ、私は、昨日の放送を19話だと勘違いしたのか。
追究したところ、手帳に16話とメモした日が2日あったではないか!
見逃さないようにメモしているつもりなのに、メモを間違えるとは困ったものだ。

話は前後するが、最終回のハッピーエンドに胸打たれていた私の中で、
「ああ、来週からこの時間帯、どうすればいいの〜。」
と空虚な気持ちが湧き出るのを察知したかのように、
画面に「11月2日のこの時間から『パパ』放映開始。」との文字が。

ありがとう、BS日テレ!
1週間ごとに私をペ・ヨンジュンと会わせてくれて!!
このご恩は、普段は忘れているかもしれないけれど、
最低1週間ごとには、必ず思い出すからね!!!
by barnes_and_noble | 2004-10-27 21:26 | 映画・ドラマ | Comments(7)

おみやげ上手のみんなにありがとう!

おみやげ上手のみんなにありがとう!_a0025572_2029823.jpgおみやげ上手のみんなにありがとう!_a0025572_20294913.jpgここ1週間にいろいろなおみやげを
いただいて、とても楽しい気分である。
左は、マレーシアみやげのティーバッグ。
丸い袋入りがかわいらしくて、珍しい。
しばらく楽しめそう。

右は、軽井沢のメルシャン美術館のワイン。
ラベルが美術館っぽくて、すてき。
おみやげ上手のみんなにありがとう!_a0025572_20412877.jpgおみやげ上手のみんなにありがとう!_a0025572_20414946.jpg左がそのラベル。
さて、右は、長野のホテルのレターセット。
ホテルの便せんと封筒と絵はがきとペンのセット。
包装紙もおしゃれ。
私が手紙好きと知っての犯行か?
(なんて書いたら、くれた人に悪いね。)

おみやげ上手のみんなにありがとう!_a0025572_2051822.jpgさて、お次は、
善光寺みやげの唐辛子の数々。
缶入りの大辛は、なめて泣きました。
これから、うどんや豚汁のお供に
大活躍してくれそう。
みんな、とってもおみやげ上手。
私もみんなを見習って、
「目指せ、おみやげ名人」!
by barnes_and_noble | 2004-10-26 21:01 | 旅行 | Comments(6)

ごめんね、踏みにじっちゃって、「林檎の気持ち」。

ごめんね、踏みにじっちゃって、「林檎の気持ち」。_a0025572_21164272.jpgごめんね、踏みにじっちゃって、「林檎の気持ち」。_a0025572_2117712.jpg一見、ぶどうの粒みたいに見えるけど、
これは、直径3mmくらいの小さな粒。
青森産の林檎を使用しました、
と説明がついていて、甘酸っぱい。
ビタミンCの補給ができるらしい。

とにかく、それを食べようとお皿に出した時、
それは起こった!

一粒ずつつまむのは大変だから、何粒かまとめてつまもうとしたら、
皿が傾いて、林檎の気持ちが散らばって、
テーブルからこぼれ落ちて、床に飛び散った。
林檎の気持ちは丸いから、転がる転がる。

あわてて、かき集めたが、つぶれたのあり、大丈夫なのあり、
どさくさに紛れて、踏みにじられるのあり・・・。

林檎の気持ちを踏みにじっちゃって、ごめんね。
次からは、袋に指を突っ込んで、林檎の気持ちを一粒一粒味わうことにします。
by barnes_and_noble | 2004-10-25 21:42 | モノローグ | Comments(7)

やっちゃったよ、フリマとバザーのダブルヘッダー

朝から快晴。行楽日和。でも、今日は、午後にバザーの手伝いが。
そういえば、フリーマーケットの出店申し込みもしてたんだった。

どちらもあんまり気が進まない。
昨日、バザーの準備で、ドラマを見逃して、がくっときたし、
いつもフリーマーケットに一緒に出店する友人が都合が悪いって言うし。

でも・・・と原点に返って考えてみると、
バザーは、役員なんだから、どうせ行かなきゃならないんだし、
フリマに申し込んだのは、物が部屋にあふれ過ぎ、
風通しを良くしたいからではなかったか!

よし、午前はフリマに、午後はバザーに集中しようではないか!
って、決心したのはいいが、気が進まなかったので、フリマの準備をしていない。
あわてて、準備をし、車に積み込み、出発。

フリマは、利益を追求せず、物が減ればいいと考えること。
売り上げに関係なく、11時半になったら、終わりにすること。
この2つを自分に課して、その結果は?

売り上げから出店料を差し引いて、1960円なり。
たった1960円?!と言われそうだが、
無から1960円を生み出したことに、満足。物が少し減ったし。

午後は、バザーの後始末を手伝って、ちょっと頑張っちゃった今日。
ダブルヘッダーの心地よい疲れが、明日の筋肉痛につながらないといいけれど。
by barnes_and_noble | 2004-10-24 21:09 | モノローグ | Comments(4)

見たかったわ、おばさんデカ桜乙女。

今日は3時半からテレビで見たい番組があった。
「おばさんデカ桜乙女の事件帖12」。
再放送だが、前に見そびれたので、1週間前から楽しみにしていたのだ。

市原悦子の「家政婦は見た」シリーズと「おばさんデカ」シリーズは
私にとって、欠かせないドラマである。

だが、今回、それを阻む大きな壁が・・・。
明日のバザーの準備が2時から4時まで。
仕方ない、録画予約をして出かけることに。

準備の中身は看板作り。もう立候補して頑張った。
全ては「桜乙女」のため。
頑張って仕上げれば、3時半前に解散する可能性もあるかもしれないし。

でも、仕上がったのに、係の人がなかなか解散してくれない。
思わず、「終わりにしてくれたら、桜乙女に間に合うんだけど。」と
近所の人につぶやいてしまい、笑われた。失敗。

結局、解散したのが4時すぎ。
5時半に、「さて、録画したのを見ましょうかね。」とビデオをつけたら、
間違って予約してしまったらしく、大家族の番組が入っていた。
大大大ショック!!!
あ〜あ、見たかったわ、おばさんデカ桜乙女。
by barnes_and_noble | 2004-10-23 22:28 | 映画・ドラマ | Comments(6)

ビーナスに餃子の皮?

ビーナスと餃子って、どういう関係なの?
今日、ず〜っと気になって仕方なかった、2つの関係。

ことの起こりは、同僚が買って来た宇都宮みやげの「ギョウザパイ」。
ちょっとニンニクって香りがぎょうざっぽい、でも、普通のパイ。

宇都宮って、駅前に餃子のモニュメントがあるんだって。
餃子屋さんがすごくいっぱいあるらしいよ。
へ〜、宇都宮と餃子ってなんかつながりあるの?
食べながら、好き勝手なことを言っている私たち。

そこにタイムリーなフリーペーパー出現。
噂していた矢先に、なぜかコラムに宇都宮の餃子の話題が・・・。
「・・・駅前には、ビーナスに餃子の皮をまとわせたモニュメントがあり、・・・」

ねえ、なんで餃子の皮なの?
ビーナスにじゃなくて、餃子のぎょうちゃんとか
キャラクターに着せればいいのにねえ。
勝手な事ばかり言っている私たち。
しかも、餃子のぎょうちゃんなんていうキャラクターが存在するかどうかも
しらないくせにである。

で、どうなの?
宇都宮の餃子の皮をまとったビーナスについての真実を知っている方、
是非、ご一報ください。
でないと、気になって、気になって。
by barnes_and_noble | 2004-10-22 20:28 | モノローグ | Comments(6)