<   2005年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

「喜びは創り出すもの」〜ターシャ・テューダー

今日のハイ・ビジョン特集は、尊敬するターシャ・テューダーがテーマだったので、
録画しつつ、しっかり見た。
思えば、近頃、カレンダーに書き込む程、気合いを入れて、
「絶対に見るぞ!」と心に決める番組には出会っていない。
強いて言えば、お正月の「世界遺産特集」くらいか。

さて、「喜びは創り出すもの」〜ターシャ・テューダー四季の庭〜は
1時間50分に及ぶ、予想以上に感銘深い番組だった。
90歳のターシャの、庭作りを中心とした1年間が、細かい季節ごとに描写され、
ターシャ本人が、自分の言葉で庭作りと人生について語る。

ひいおばあさんから引き継いだ花や、自分が作った森、
75年前からずっとひびが入っていても愛用しているティーカップ、
100年以上前の暖炉などを見せられると、
日々の生活の中での物欲や悩みがほんとにちっぽけなことに思え、
せかせかして四季の自然の営みの変化も見逃している毎日が勿体ない気がしてくる。

「若い頃に比べて、物の重さは2倍に感じられるけれど、
 年をとると、みんなが手伝ってくれる・・・それもいいものよ。
 今がいちばん幸せなとき。」

共感の嵐に包まれている状態の私に、家族が「感動したわ!とか書くんだな、きっと。」
そう、その通り!ターシャ・テューダーの生き方や考え方に感動したわ!
by barnes_and_noble | 2005-08-31 23:01 | 映画・ドラマ | Comments(17)

フリマでの掘り出し物

フリマでの掘り出し物_a0025572_23234217.jpg昨日は、職場の同僚と3人でフリーマーケットに出店。
私はエプロン3枚と本3冊と洗剤2本を売るにとどまったが、
(過去最低の売り上げ額。ランチ代には至らず。)
掘り出し物に出会い、今は幸せ気分である
(過去最高の実用品且つ芸術品との出会い)。

その掘り出し物とは、
  1.ベッドカバー(いつか作ろうと思っていたが、ゲットできたので、
           作る必要がなくなった。)
  2.ウォールポケット(これも居間の本棚の目隠しに何か作らねばと
             思っていたので、作る必要がなくなった。)
  3.花柄のコースター5枚(これまた絶対数が足りず、作ろうかと思っていたので、
               作る必要がなくなった。)
合計なんと500円。
ほんとに500円でいいのか、何度も訊いたが、いいとのことだったので、遠慮なく。
さっそく昨日から、嬉しがって使っている。
ひょっとしたら、我が人生最大の「よいお買い物」だったのではないだろうか。
by barnes_and_noble | 2005-08-29 23:50 | 手作り・雑貨 | Comments(14)

夏から秋への皿の上

夏から秋への皿の上_a0025572_7583896.jpg8月の最後のお茶のお菓子は、とうとう「すすき」柄に。
餡の中には栗。
すっかり秋かと思いきや、
9月になってからでは季節外れの
「金魚の饅頭」(てっぺんに金魚のゼリーつき)、
「香とり石」(ピンクの宝石っぽい)、
「濤」(渦巻く海のイメージ?)・・・と
夏と秋がいっしょくたになった皿の上。

来週はもう9月。確かに金魚は不似合い。でも、すすきは早いかな。
微妙な、季節のかわりめ。夏から秋にバトンを渡す、皿の上はバトンゾーン。
by barnes_and_noble | 2005-08-28 08:15 | 和菓子 | Comments(12)

期間限定BARNES INN開業?!

先週金曜日に突然、宿屋さんとして開業(?)した我が家。
客足は衰えず、19日(金) 4名さま
       22日(月) 1名さま
       24日(水) 3名さま
そして、今日、25日(木)  2名さまのお泊まり。
大学生に家を乗っ取られそうな勢いである。

昨日の晩のメニューは、カレーとサラダとフルーツ。
サラダ用にドレッシングを何種類か出した・・・ら、
「賞味期限が切れたドレッシングあり」との指摘が。
いや〜、知ってはいたんだけど、「ま、大丈夫かな〜。」と出したのに、
日付をチェックされていたとは!

宿泊できる部屋は和室の101号室、1室のみのBARNES INN、夏の終わりと共に閉店予定。   
by barnes_and_noble | 2005-08-26 00:10 | モノローグ | Comments(10)

いつの間に?

いつの間に?_a0025572_0151463.jpg自分でもあきれる程に、のんきな話。
自宅の前の花壇に、突如ピンクのユリみたいな花が出現。
高さ1mくらいで、花の重さのために、前のめり状態。
全然気がつかなくて、昨日、何気なく見たら、
こんなにきれいに咲いてるじゃありませんか!

花壇にはペチュニアしか植えた覚えがない。
どこからか、種が飛んで来ていた?
誰かが球根を秘かに埋めていた?
ここ2、3日で急激に成長した?

明らかに花壇には高貴すぎる淡いピンクの花の出現は、
我が家を惑わす(?)初秋のミステリーなのであった。
by barnes_and_noble | 2005-08-25 00:27 | モノローグ | Comments(12)

「ババールの美術館」へどうぞ!

「ババールの美術館」へどうぞ!_a0025572_21404934.jpgこの間、コンビニで店員さんに危なくバーコード・リーダーで
読みとられるところだったのが、この絵本。

「ババールの美術館」
     ロラン・ド・ブリュノフ作
     せなあいこ訳   評論社
     2005年4月初版発行

表紙の絵は、ルーベンスの「画家と家族の肖像」、ルソーの「夢」、
スーラの「グランド・ジェット島の日曜日の午後」のババール版。
古今東西のすご〜く有名な絵が35点、全部ゾウのバージョンで描かれている。
「叫び」も「モナ・リザ」も「ヴィーナス」もゾウ。つい、にやっとしてしまう絵ばかり。
もちろん、物語仕立てなので、ババールの子供達の台詞にも、納得&笑える1冊。
by barnes_and_noble | 2005-08-23 22:00 | | Comments(8)

お茶の稽古はさぼったけれど・・・

お茶の稽古はさぼったけれど・・・_a0025572_2341415.jpgお茶の稽古はさぼったけれど・・・_a0025572_23422574.jpg滅多にないことなのだが、
お茶の稽古をさぼった。
「エピソード3」を見る前に
「エピソード1」と「2」を
ざっと復習しとこうかなあと
思ったんだけど、
あまりに面白くて、
ついビデオを全部見てしまい、行く時間がなくなってしまったから。

それに、お茶の稽古に行かなくても、昨日は、お土産のお菓子がたくさんあったから。

えっと、1枚目は前の稽古のときの、アサガオ(銘を忘れてしまった)だから、置いといて、
2枚目の写真は、北海道のシフォンケーキ、青森のりんごゼリー、
岩手の「八幡平しぐれ」、大分の「そば饅頭」といった具合。
来週は、このお菓子達も底をつくはずなので、また、まじめにお茶の稽古に励もうと思う。
by barnes_and_noble | 2005-08-21 23:59 | 和菓子 | Comments(8)

ほっと一息、「エピソード3」

息をひそめて暮らした昨日。
今朝は、10時に外に集合をかけ、
パンやサラダ、目玉焼き、各種ドレッシング、飲み物をテーブルに並べ、
「ご自由にどうぞ。」
昼は家族がスパゲッティを準備。これも外で。
手軽なので外にしたのに、「新鮮だ〜」と言われ、ラッキーであった。

夕方、一人帰り、二人帰り、・・・そして、誰もいなくなった。
・・・と思ったら、別の友人が訪ねて来た。
4人に比べると、1人なんて、いないも同然。
一息ついたところで、「スターウォーズ2」を復習してから、
「エピソード3」を見に出かける。非常に満足。

映画館に行く前にローソンに寄り、会計の時、持っていた絵本をカウンターに置いたら、
店員さんが、その絵本のバーコードまで読み取ろうとしたのは、エピソード特別編。
by barnes_and_noble | 2005-08-21 01:13 | 映画・ドラマ | Comments(12)

今?息をひそめています・・・

ここ3日間、異例の事態でブログで息をひそめていたが、
今は、ほんとに家の中で息をひそめている。

いつもは4人家族の我が家に、今日は4人の男の子達がお泊まり。
男の子っていっても、幼児ではなく、大学生。
さっき、家族が入っているのかと思って洗面所に洗濯物を出しに行こうと思ったら、
おっと、危ない。洗濯機の上に家で見かけないGパンが。
男の子達が交代でお風呂に入っていたのである。

トイレの前で鉢合わせするのも、なんとなく気恥ずかしく、
私は今、パソコンの前で息をひそめているのである。

夜はご飯を1升炊いて、焼き肉。明日の朝は、何にしようかな。
いやいや、明日の心配より、私は今日、いつになったら、
トイレとお風呂に入れるのであろうか。
息をひそめるのにも、ちょっと疲れて来た私である。
by barnes_and_noble | 2005-08-20 00:36 | モノローグ | Comments(16)

「なるほど」が詰まっている、レモン色の本

この夏は、1日1冊くらいのペースで、本を読んでいる。
長編を読んだ後、箸休めにめくったのが
「智慧の実のことば〜ほぼ日刊イトイ新聞語録」  監修:糸井重里  ぴあ発行。

これは全然疲れない本。何せ、表紙もレモン色で元気そのもの。
1ページに1つの名言が載せられている。
名言といっても、一般の人からガンジーまでさまざまな人の「なるほど」が120個。

私を、特に「なるほど〜。」と納得させた二つの言葉。
・永遠に生きるかのように学べ。明日死ぬかのように生きろ。
・自分にとって、ほんとうに大事なことってなんだろう。
 自分にとって、本当に大切な人って誰だろう。
 この二つを、本気で思っているだけで、いい人生が送れるような気がする。

私を、「その通りでございます。」と平伏させた二つの言葉。
・1日は短い。悩むにはもったいない。
・何もやらない人ほど、いいわけが多いです。

「言い得て妙」な言葉満載の、レモン色の(しつこい)1冊のお話。
by barnes_and_noble | 2005-08-16 01:28 | | Comments(14)