<   2005年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

えっ?「パパイヤ鈴木のENJOYダンシング!」?

本屋に出かけた家族が買って来たのは、
「パパイヤ鈴木のENJOYダンシング!」という本。
表紙はミラーボールの下で華麗に踊る、パパイヤ鈴木。

家族が出かけたので、ちょっと手に取ってみると、
どうやらNHKの「趣味悠々」のテキストらしい。
ふむふむ、パパイヤ鈴木が先生で、生徒役は斉藤慶子と川平慈英。
60年代から70年代に大流行したソウルダンスを2ヵ月にわたってレッスン。

第1回目は文化の日、11月3日(木)。
放送時間は10:00〜10:25PM。再放送は次の週のお昼0:30〜0:55。

確かに体型はパパイヤ鈴木にそっくりだが、まさか忘年会で踊ろうっていう魂胆?
ぷぷぷー、想像しただけで笑える。
・・・とぺらぺらページをめくっていたら、
第4回「ペアでおどろう!〜二人の呼吸でバリエーションが広がる〜」の文字が!
やだよ、絶対やだからね!!(←まだ、やろうと言われていないのに、拒否する人)
お願いですから、一人で勝手にレッスンしてください。
by barnes_and_noble | 2005-10-29 21:36 | モノローグ | Comments(18)

そのあんまんが食べたいのですが・・・

朝夕めっきり冷え込んできて、
コンビニのあんまんや肉まんが恋しい季節になってきた。
夕方、レディースデイなので、「まだまだあぶない刑事」を見に行こうと思い立ち、
その前にちょっぴり、あんまんなど食べたい気分になった。

連れは、カレーまんとピザまんを注文して、問題なし。
次は私。
「肉まん一つ、それとあんまん一つください。」と店員さんに言ったら、
「あんまんはありません!」とのこと。
ケースにあるのを確認してから、注文したんだけど、と
再度指差して「そのあんまんが食べたいのですが」と言うと、
「これは温かくありません!」との言葉。
「???」の私に、「このあんまんはケースに入れたばっかりで、冷たいんです!」と。
店員さんの言い方の方が、あんまんより冷たいわ。
「ケースに入れたばかりなので、あんまんは冷たくて、まだ食べられません。」と
最初に言って下さいな。

ちなみにこのコンビニには、お金を払う為にカウンターに置いた
絵本(私の持ち物)のバーコードまでバーコードリーダーで読み取った店員さんがいる。
それでも、映画館からの地の利がいいので、また、行ってしまうのだ。
そして、今度は絶対にほっかほっかのあんまんをゲットする!(半分意地になっている。)
by barnes_and_noble | 2005-10-26 23:02 | 映画・ドラマ | Comments(13)

用意周到すぎ〜!

・・・という言葉があるかどうかは知らないけれど、
今の状態を言葉にすると、そうなる。

明日は胃検診。前日、夜の9時以降は飲食は禁止との注意書きに
焦って、晩ご飯を食べ、コーヒーを飲み、おやつを食べ、
「空腹で何かを口にしてしまわない作戦」に出た。

でも、その作戦を全うしすぎ、今、お腹が満杯で、く、く、くるし〜。
これは明らかに食べ過ぎ以外のなにものでもない。
胃検診を受けるための用意が周到すぎて、体重が2kgくらいふえてしまったに違いない。

わあ、あと9時まで3分だ。のどが乾くといけないから、お茶飲まなくちゃ!
こんなにお腹ぱんぱんにして、緊張しているんだから、
願わくは、翌朝、ついお茶をのんでしまいませんように。
つい胃検診だってことを忘れてしまって、また、同じような思いをするのは、
他人のことだと笑えるけど、自分のこととなれば別。
by barnes_and_noble | 2005-10-25 21:05 | モノローグ | Comments(22)

見せられなくて、残念!

充実した金曜日(仕事後、職場の飲み会、その後、「恋する神父」を見て、帰宅)の後で、
昨日と今日は珍しくなんの予定もなかったので、
家にこもって、バッグ作りを始めた。
デニム地にクレマチスの花を刺繍して、
誰にもほめられず、苦にもされず(はて、どこかで聞いたような・・・)、黙々と。
刺繍の部分は完成して、あとは縫製すれば出来上がり。

いつもなら、ここで、「じゃーん!」と画像をアップするところだが、
画像の容量オーバーで、アップできない。
もっと画像を使えるように、有料サービスに申し込もうとトライしたが、
うまくいかなくて、拒否されっぱなし。

残念だわ〜、上手にできたのに〜。見せられなくて、ほんとに、残念!
(画像がないのをいいことに、ウソ八百を並べてみた。)
by barnes_and_noble | 2005-10-23 20:44 | 手作り・雑貨 | Comments(10)

CMに悪態をついてみた

紅葉前線とともに、風邪薬のCMが流れるようになった。
風邪の方が私を避けているらしく、私には縁のないCMなのだが、
精神状態によっては、絡みたくなることがある。

それは「パブロン」(♪早めのパブロン♪)。
いつもは「こほん」と小さく咳をするお母さんに
お手伝いをかって出る、素直そうでかわいらしい娘を見て、
「いいわねえ、このお母さんと娘。」「こんなかわいい娘がいたらねえ。」などと
見ながす(聞き流すの「見る」版)のだが、
人が忙しくしていても手伝わない家族に腹を立てていた私は、CMにあたっていた。

「このお母さん(竹下景子のこと)、毎年風邪ひいてる。」
「娘が何人もいるから(毎年娘役は変わる)、いっぱい手伝ってもらえるのに、
 風邪ひいてる。」ぶつぶつ・・・
段々エスカレートしてきて、
「毎年どころか、毎日風邪ひいてる。自己管理、なってないし。」
「春になるまで、ずっと風邪ひいてるって、進歩ないんじゃな〜い?」

一体、CMに一人であたって、何の足しになるのか。
「パブロン」に恨みはないのだが、ちょっと悪態をついてみたかったのだ。
その悪態をついた言葉は、家族に届く前に、流しの前で宙に舞い、床に落ちた。
何の足しにもならないどころか、虚しかったという1件。
by barnes_and_noble | 2005-10-23 01:55 | Comments(6)

それはできない相談よ

鼻がぐしゅぐしゅしているのは、「どうだった?」と家族に訊かれて、
見て来た映画「私の頭の中の消しゴム」のことを思い出してしまったから。

私はこういうラブストーリーに滅法弱い。
感情移入してというのではなく、客観的に見ているのに、涙腺が緩む。
今回は前半に結構コミカルな場面もあり、それだけに後半は涙、涙・・・。

主人公達が暮らした家中に貼られている、たくさんのメモ。
若年性のアルツハイマーを発病した妻の為に、夫が書いたメモなのだが、
「住友スリーエムは、この映画を応援します」ということで、
入り口でポストイットのサンプルを貰った。

映画が終わった時、
「お配りしたポストイットに映画の感想を書いて、ポスターに貼って下さい。」と
呼びかけられたが、涙でぐしゅぐしゅの顔をして、明るいロビーで人に見られながら、
感想は書けないではないか。
いくらなんでもそれはできない相談である。
果たして、書いていたのは二人だけであった。
(涙にくれていても、そういうことは冷静に見ている私が、いや。)
(でも、映画にこんなに涙できる自分は、好き。)
by barnes_and_noble | 2005-10-20 23:06 | 映画・ドラマ | Comments(14)

理想の上司

大好きなあの人、どうしているかしら?
と少し心配していたら、「2足のわらじを履く事にした」そう。
あの人って、ヤクルトの古田のこと。

今までだって、選手と選手会長の2足のわらじを履いてはいたけれど、
今度は選手兼監督。社長と社員みたいなもの。大丈夫かしら?

私にもかつて理想の上司がいて、今でも、部下にしてほしいほどであるが、
すばらしい上司との出会いは、
そうではないたくさんの上司と出会ってしまったことを打ち消すくらいの力がある。

来年のヤクルトから目が離せない私である。
理想の上司は、理想のチームメートになれるのか、
ちょっぴり心配しながら、応援していきたい。
by barnes_and_noble | 2005-10-19 00:44 | モノローグ | Comments(20)

これまで知らなかった四字熟語

スポーツの大会の時は、校紀やスローガンが書かれた垂れ幕や旗が貼り出される。
今日、試合を見ていて気になったのは、向かい側に応援席のあるチームの垂れ幕。
「鉄心石腸」。
隣の人も気になったらしく、
「鉄のような心で、腸が石みたいってこと?」といぶかっていた。

早速帰宅してから調べてみた。こんな時こそピンクの EXーwordが役に立つ。
それによると、「鉄石心腸」と同じで、「鉄や石のように堅固な精神」とのこと。
2番目と3番目の字を入れ替えてもいいという四字熟語は初めて。不思議。

そして、携帯したいからと買った、電子辞書を家に置いて歩く私も、不思議。
by barnes_and_noble | 2005-10-16 23:33 | モノローグ | Comments(8)

染み込む秋?!

染み込む秋?!_a0025572_20505615.jpgお茶の水屋の棚の上に
いつも主菓子の請求書が置いてある。
私はいつもそれをのぞいてから帰る。
値段が知りたいのではなく、そこに「銘」がかいてあるから。

今日の「お銘」は、「染み込む秋」。変なの。
「紅葉」とか「山路」とかつけそうなのに、「染み込む秋」?

解せない。帰宅してからもず〜っと気にかかっていた。
でも、今、突然ひらめいた!「染みゆく秋」だったかも!って。
自分で勝手に誤解していたかも。ずっコケな自分に苦笑。
ま、ともあれ、今日もおいしかった!ごちそうさま。

(今日の写真はアップすると、ほぼ実物大。お茶を準備して、「染みゆく秋」をどうぞ。)
by barnes_and_noble | 2005-10-15 21:12 | 和菓子 | Comments(14)

誕生花その後

1週間程前に、自分の誕生花が「コケ」だと知り、打ちのめされた私に、
ブログのお友達(勝手にお友達扱いしてしまいましたが)、mirionnさんが
「誕生花には何種類かあるはず」と教えてくれたので、調べてみた。
すると、
   *366日の誕生花   コブシ(友情・友愛)
   *誕生花366日    キンカン(思い出・感謝)
   *花言葉誕生花カレンダー   コブシ(友情)
   *FFJ         花キンポウゲ(あふれんばかりの魅力)
               キンカン(思い出)
               コブシ(友情)
               コケ類(母性愛・信頼・孤独・物思い)
   *今日の誕生花     コケ(母性愛)
   *366花言葉誕生花  カーネーション(熱烈な愛情)
               すみれ(思い)

とまあ、こんな具合。「コケ」は確かにあるが、「コケ」だけではないことも判明。
私自身は「花キンポウゲ」なんかいいけど、「コケ」の強い印象は、もうぬぐえない。
ほんとは誰かに決められた誕生花に一喜一憂するより、
「あなたは、まるで○○の花のよう。」と言われるような女性になれればいいのだが。
by barnes_and_noble | 2005-10-14 23:08 | モノローグ | Comments(10)