<   2006年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

お疲れさん!

しばらくなりを潜めておりましたが、ご心配なく(誰もしてないか・・・)。
お疲れさん!_a0025572_2112344.jpgお疲れさん!_a0025572_21133046.jpg









木曜日・・・午後から職場のレク。リフト3つを乗り継いで、ハイキング。
      夏の山から下界を見下ろせば、山登りの疲れなど吹き飛んでしまう。

金曜日・・・夜は、家族の部活の引退&「ご苦労さん会」。
      後輩達から「今まで盛り上げてくれた先輩がいなくなると、
      部活が盛り下がります。」と一人ならず言われていた家族。
      一体、どれほど、うるさかったのであろうか。
      ともあれ、あと、親の方の部活の引き継ぎは会計報告を残すのみ。

土曜日・・・お茶の稽古から、直接友人達との飲み会へ。
      6時から11時まで食べ、飲み、しゃべり続けるこのパワー、
      家事の方に生かせないものか。
      瞬く間に、来週、みんなで山登りする計画が決まる。

今日・・・「川下り」。黄色のライフジャケットが私(見たい人は拡大してね)。
     なんと、ペアは職場の元上司。無事ゴールしたが、う、腕が〜疲れた。
     キーボードは打てるけど、字は書けない、きっと、明日まで。
     この写真は、橋の上から家族が撮った。まるで、私たちのボートが
     トップみたいに撮れていて、採用した1枚。
     勿論、ほんとは私たちの前に800艇ものボートが川を下っている。

以上、へろへろ状態で綴った、体育会系日記、終了。
by barnes_and_noble | 2006-07-30 21:44 | モノローグ | Comments(18)

近頃のお買い物

どよ〜んとした10日間が過ぎ、段々気持ちが復活してきた今日このごろ。
気がつくと、私らしからぬ物ばかり買っていた。
近頃のお買い物_a0025572_21102056.jpg近頃のお買い物_a0025572_21104326.jpg近頃のお買い物_a0025572_21105954.jpg近頃のお買い物_a0025572_21112478.jpgまず、ローラ・アシュレイのサマー・バーゲンで
白のフレアースカート。
なんと、レース生地で(下の写真参照)。

次は「永田萌の世界」展で、メモパッド。
可愛すぎる柄のメモを私はいつ使うのか〜。

更に、「ラ・クレ」で、レースとアンティークの糸巻き。

今ごろ気づいたが、私の中にも「乙女チック」なところがあったのねえ。
願わくば、この3つのお買い物、ちゃんと使う場面がありますように。
by barnes_and_noble | 2006-07-26 21:26 | モノローグ | Comments(16)

「ひさご」・・・夏なんだなあ

朝から雨降りだったが、気合いを入れて、お茶のお稽古に行った。
本日の主菓子は「ひさご」。「ひさご」・・・夏なんだなあ_a0025572_2316211.jpg
「ひさご」って、普段は使わないなあ。
でも、「ひさご」って聞くと、
夏の風を思い浮かべるから不思議。
中は黄身餡で、葉っぱがリアルで、
薄緑のひょうたんの実の形がかわいらしい。
爽やかな1品。
ガラスのお皿も涼しげで、
気合いを入れて、出かけた甲斐があったというもの。

今日は「永田萌」展に行って、きれいな色の絵をたくさん見て来た。
「農家の嫁の事件簿 こちら北国、山の中」三上亜希子著(小学館)を読んだ。
段々落ち込みから復活してきたと思ったのに、
家族の通信票を見て、また、落ち込んだ。今回の落ち込みは、前回より激しい。
by barnes_and_noble | 2006-07-22 23:36 | 和菓子 | Comments(15)

こんなツアーは、いいかもね。

どこかに旅行に行きたいけれど、お金もなければ、時間もない。
ってなわけで、絵本を開くと、
あるじゃありませんか、いいツアーが!こんなツアーは、いいかもね。_a0025572_23145878.jpg

あまがえるりょこうしゃの
「トンボいけたんけんツアー」。
お昼のお弁当付きで、500円だって。
人が捨てたペットボトルを改造した船は、
水中も見えるグラスボート顔負けの優れもの。こんなツアーは、いいかもね。_a0025572_23252456.jpgちょっとのんきな社長自らが案内するトンボ池の生態は、
なかなか詳しく、
丁寧に描かれたリアルな絵で、
すてきなツアーを楽しむ事ができた。
「あまがえるりょこうしゃ」 松岡たつひで著
(福音館書店)
by barnes_and_noble | 2006-07-20 23:37 | 旅行 | Comments(10)

○○君のお母さん

昨日からど〜っと気落ちしてます。
戦っていたのは家族なのに、
県大会準決勝で、普段の力を出せぬまま、敗退したのを見て、
この試合で引退かと思うと、
もっとしてやれることがあったのでないか、と思ったり、
もう、明日からは受験に向けて頑張ってもらわなくては!と思ったり、
この際、早くスポーツ少年団の引き継ぎをしてしまいたいと思ったり、
今まで応援や練習試合の送り迎えをしていた時間をどう過ごそうかと考えたり、
いろいろな思いが頭を駆け巡り、脳味噌を使い果たし、夜の6時から朝の6時まで爆睡。

3年生が少なく、2年生や他のクラブから助っ人してもらわないと、
試合にも出られなかったこと。
親が全員役員をしなければならなくて、最初は文句たらたらだったけど、
市の大会で3位になった日の夜、なぜか、みんなで幸せだったこと。
県大会でも3位になれたこと・・・なんかを思い出すと、なぜかしんみり。

「○○君のお母さん」って言われたくない、とかいうのをよく耳にするけれど、
私は、いつまでも「○○君のお母さん」でいたかったなあ。
by barnes_and_noble | 2006-07-18 21:27 | モノローグ | Comments(16)

本末転倒

東儀秀樹+BAOのCDを通勤途中の車の中で繰り返し聴いている。
おかげで、笙や二胡、琵琶、笛の音が身近になった。
それにしても、BAOのメンバーが奏でる笛の音は、澄んでいて、本物の鳥のよう。

昨日、空でヒバリが啼いていた。
澄んだ、高い音。
でも、それを聞いた私の脳裏に浮かんだのは、
ヒバリの姿ではなく、BAOのメンバーが笛を吹いている、の図。
本物の鳥の声を聞いて、連想するものが鳥の声を真似た笛の音だとは、
本末転倒ではないか。ちょっと可笑しい。

今日は1日体育館に詰めて、家族の県大会の応援をしていた。
応援なのに、試合をした人たちより疲れているのは、なぜだろう?
今日は勝ったので、また、明日も体育館に詰める。
英気を養うため、今晩は大人しく、友人に手紙を書いて過ごしている。
珍しく静かな夜である。
by barnes_and_noble | 2006-07-15 21:29 | モノローグ | Comments(10)

聖徳太子じゃあるまいし。

今週は「ムーミン週間」になるはずで、
第5巻「ムーミン谷の冬」から読まなくちゃ!と開いてみたら、
前に読んだ事があった(読んだのを忘れてる・・・泣)ので、
第6巻「ムーミン谷の仲間たち」を読み始めた。

でも、取り寄せていた「トロースドルフ絵本美術館展〜赤ずきんと名作絵本の原画たち」
が届き、そのかわいい表紙が「先に開いて!」と囁きかける。

季刊誌「うかたま」〜食べる事は暮らすこと〜は読みどころ満載だし、
おとといコンサートで購入した東儀秀樹の本も読みたいし、
ずっと前に届いていた「わくわく読み聞かせマガジン〜この本読んで夏号」も魅力的だし、
読む順番が決まらないまま、全部をベッドのそばまで運んで、
結局、選べずに、上大岡トメ著「キッパリ!」(読むのは2回目)を読んで、
「たった5分間で自分を変える方法」を模索したが、結論は出ず。
聖徳太子じゃあるまいし。_a0025572_2330369.jpg聖徳太子じゃあるまいし。_a0025572_23305415.jpg(以下、敬体)
それはそうと、
真っ赤なミィの
ブックスタンドを
見て下さい。
すっごく
気に入ってます。
by barnes_and_noble | 2006-07-13 23:44 | | Comments(14)

リフレインが止まらない

つい昨日まではゴンチチの「放課後の音楽室」を繰り返し聴いていたのだが、
今は、東儀秀樹+BAOの「春色彩華」を繰り返し聴いている。
次のお気に入りが見つかるまで、ずっとリフレイン。これは家族の悩みの種らしい。

なんと、実に9ヵ月ぶりのコンサートに行って来た。そう、「ブラスト!」以来。
「東儀秀樹TOGI+BAO SUPER ASIA」。
行くぞ行くぞと思いつつ、チケットを買い忘れ、おとといLoppiで購入。
のんびりし過ぎである。しかし、チケットが手に入ったのは、幸いだった。

展覧会とは違って、コンサートの場合、あまりグッズに走らない私であるが、
あまりのコンサートの素晴らしさに、「音楽のもつ不思議なちから」東儀秀樹著を購入。
なんで本?
だって、一緒に行った母が、CDとDVDのセットとパンフレットを購入したから。

一人一人の演奏も聞き応え充分。7人の音色が一つになると、
「息を引き取る時に、こういう音楽を奏でてもらったら、天国に行けそう」な気がした程。

音楽に没頭し、拍手もたくさんして、最後にメンバーに手を振った時、
二の腕がたっぷたっぷと揺れたのを実感し、
あふれる感動が中断したのは、悲しい事だった。
by barnes_and_noble | 2006-07-11 23:38 | 音楽 | Comments(8)

BARNES、「わらしべ長者」になる!の巻

先週、ポップな七夕の和菓子を食べ、七夕の夜に思いを馳せたのだが、
思いは届かず、天気は「曇り」。
昼間にはデザートに星のゼリーを食べたのにもかかわらず・・・。BARNES、「わらしべ長者」になる!の巻_a0025572_18434328.jpgBARNES、「わらしべ長者」になる!の巻_a0025572_1844444.jpgBARNES、「わらしべ長者」になる!の巻_a0025572_18443244.jpg






お茶のお稽古で登場したお饅頭は、
なんだか星形のサングラスをかけた怪しい人みたいで、順位をつけるわけではないが、
先週の和菓子に水を空けられているなあ。

昨日、モスバーガーで友達とおしゃべりすることがあって、
注文したのは「メイプルアイスカプチーノ」。夏〜!って感じだった。
その時、私が以前編んだ透かし編みのバッグをあげたら、
お返しにと、使っていた、麻ひもで編んであるバッグを貰った
(それはリネンの巾着とセットで売っていたらしい)。
なんだか「わらしべ長者」になった気分。でも、貰ったバッグは別の物とは交換しないよ。
by barnes_and_noble | 2006-07-09 19:04 | 和菓子 | Comments(10)

「ナルニア」と「デスノート」終結する

「ナルニア週間」になるはずが、「デスノート」の出現で、予定が狂ってしまった先週。

今週は、仕事と家事(最低限の最低限)の他は、
「ナルニア国物語」にどっぷり浸った。
4巻の「銀の椅子」、6巻の「馬と少年」、5巻の「魔術師のおい」、
7巻の「最後の戦い」の順で。
7巻で壮大な物語が終わり、面白さの虜になったが、終わり方は少し悲しかった。
何回も「最後の戦い」の終わりの部分を読み返してしまった。

余韻に浸っていたところ、「デスノート」の11巻と12巻が手に入り、
一挙に読んでしまったが、どんでん返しが・・・。
死神の物の見方は、人間には計り知れない。

「ナルニア」と「デスノート」を読み終え、充実感と空虚な思いを抱えていたが、
映画「かもめ食堂」で「ムーミン谷の夏祭り」に遭遇し、
「ムーミン全集」の第3巻までしか読んでいなかった自分に気がついた。
来週は「ムーミン週間」と銘打って、未読のあと6冊を読もうという計画。
終結のあとには、いつも、始まりがある。(←アスランのように悟っている人)。
by barnes_and_noble | 2006-07-07 18:30 | | Comments(8)