<   2006年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

お月見のアレンジ

今回のフラワーアレンジメントは「お月見のアレンジ」。
見本を見た時、ちょっと引いた。で、で、でかすぎる〜!

でも、でかすぎるというのは、やらない理由にはならない。
とりあえず、ススキやワレモコウやブルーレースフラワーなどを放射上に挿していく。
お月見のアレンジ_a0025572_2334694.jpg「放射状」というのは好きかも。
ワレモコウと
ブルーレースフラワーも
感じのいい花である。

なんとかでき上がったものの、
やっぱり80cm位の高さになり、
持ち帰るのが大変だった。
自分の家には飾る所がないので、
結局職場に飾らせてもらっている。

・・・が、一つ問題が!
職場に置いていると、
お月見は不可能であった・・・。
by barnes_and_noble | 2006-09-30 23:14 | 手作り・雑貨 | Comments(14)

「ブドウ」が制服になっちゃった!

日曜日に元職場の上司と同僚とで、ブドウ狩りに行った。
毎年、オーナー制のブドウ園の、ブドウ棚の下で集うのが、10年来のお約束。
片手にハサミを持って、ここ1年の近況を伝えあう、楽しいひととき。

さて、戦利品(?)のぶどう50房はあったと思うが、その行方について。
まず、ブドウ狩りの帰りに、リンゴ園に嫁いだ友人の家に10房届ける。
落ちたやつで商品にならないので〜、と20個くらい西洋梨をもらう。
ここで、すかさず、11月にりんごの収穫を手伝わせてもらう約束を取り付ける。

いつも騒音で迷惑をかけているお隣さんに4房届ける(ご夫婦だけなので)。
箱でもらったナシを食べるのを手伝って〜、とナシを3個もらう。

「明日から衣替えなんだけど、前着ていた制服が、小さくなった。注文して〜。」と
いう非常識な家族に「ちょっと、待て。体格のいい友達にお下がりがないか、聞こう。」
電話してみると、「あるよ〜。うちも小さくなって、ご近所から譲ってもらったとこ。」
とのこと。
大急ぎでナシやらぶどうやら西洋ナシやらなぜかあったリンゴやらを箱に詰め、
制服のお礼にと持っていった。

そして、残りのぶどうは、朝な夕なに食べられて、あとわずか。
制服を買わずに済んで、ほんと、「ぶどうさまさま」であった。
by barnes_and_noble | 2006-09-28 23:19 | モノローグ | Comments(12)

飲み会でちょっと笑える名前

図書館での辛酸なめ子との遭遇で思い出したが、
飲み会などでたまに笑える名前の話で盛り上がることがある。
例えば、結婚して姓が変わって、
まりちゃんが
「水田まり(みずたまり)」や「塩田まり(しおだまり)」や
「小田まり(おだまり)」になっちゃうとか、
フキさんが「大洞フキ(おおほらふき)」になっちゃうとか
佐藤としおさんを平仮名で書くと、「さとうとしお(砂糖と塩)」って読んじゃうとか
只野さん家では、どんなに偉い人でも、「ただの」人だとか・・・。

探せばもっとあるんだろうなあ。
そう言えば、中学校の先輩の名字が「御手洗」で「みたらい」と読むことを知った時の
衝撃は、「お手洗い」という字を見るたび、蘇ってくる。
「辛酸なめ子」という名前を知った今、
おもしろい名前にひとり反応し、「くくく〜」と笑いをかみ殺しそうな怪しい私である。
by barnes_and_noble | 2006-09-26 23:31 | モノローグ | Comments(8)

こういうことって、たまにある・・・

今日は、午前中に恒例の「ぶどう狩り」、その帰りに図書館に寄ると決めていた。
ブドウ狩りの話は後日書くとして、そうそう、図書館での話。
私にとって、図書館とは、「読もうと決めた本を探し出すところ」。
そして、本屋さんとは「本との未知との遭遇をするところ」。

とにかく目当ての本を必死で探して、その割には2冊しか見つからず、
次なる目当てとして、瀬尾まいこの本を探そうと、
五十音順に並んだ作者名を目で追っていた。こういうことって、たまにある・・・_a0025572_23132786.jpgもう少しで「せ」の行だったのに、
私の目は「し」でストップ。
「辛酸なめ子」という作者名に
目が釘付け。
予期せず「ヨコモレ通信」という
本を借りることに(文藝春秋)。

これがまたまた面白くて、
モチーフを5枚編むくらいの時間に
読めてしまった。
たった1冊で、私の中では、
群ようことナンシー関の中間に
位置する存在となった
辛酸なめ子をこれからも注目していきたい。
by barnes_and_noble | 2006-09-24 23:22 | | Comments(14)

懐かしの車掌さんバス

なんと帰宅途中に、こんなバスの後ろを走ることになってしまった。
はじめは単に、私の車の前はバスだな〜と漫然と思っていたのだが、
信号で間近に停まったら、なんと今どき「車掌さんが乗っているバス」らしい。懐かしの車掌さんバス_a0025572_22562415.jpg
切符に穴を開けるハサミを持って、
黒いガマ口バッグを肩から下げた
このお姉さんのマークが付いているバスには
車掌さんが乗っているとのこと。

このバスには整理券を取る機械は
ついていないのだろうか?
このバスの中で車掌さんは、
整理券にハサミを入れてくれるのだろうか?
お客さんが乗っていないときは、運転手さんの話相手などしてるのだろうか?
どんな車掌さんが乗っているのだろうか?

興味は尽きないが、隣の車線から覗くならいざ知らず、
真後ろからでは、車掌バスの中を覗くのは不可能というもの。
近々リサーチしなくてはね。
by barnes_and_noble | 2006-09-22 23:06 | モノローグ | Comments(14)

シンメトリーが好き!

秋のアレンジメントフラワーの講座が始まった。
「左右対称ではなく、アレンジしてみましょう。」と言われ、
チャレンジしたものの、芸術的センスがないので、
上手にできたのか、そうでないのか、全然わからない(そうでない方の確率高し)。

シンメトリーが好き!_a0025572_20132187.jpg私は何かを作るときは、左右対称が好き。
安定感があるし、迷うことがない。
でも、世の中には、均衡が崩れて、
新たなものが生み出されるってこともあるし、
左右どっちかにたなびいて、うまくいくこともある。
シンメトリー派とアンチ・シンメトリー派、
世の中にはどっちもいて、ちょうどいいのだ、きっと。シンメトリーが好き!_a0025572_20222989.jpg
シンメトリー派の私が今編んでいるモチーフは
どう見てもシンメトリーではない。
ゆがんでいる。
どうやら私は、「気分だけはシンメトリー派」らしい。
by barnes_and_noble | 2006-09-19 20:29 | 手作り・雑貨 | Comments(18)

私にどうしろと?

「JUST MARRIED」の言葉と
3枚のウエディングドレス姿のかわいらしい写真入りの
ハガキが私宛に届いた。

でも、花嫁さんも花婿さんも知らない顔。
差し出し人の名前にも心あたりなし。
差出人の住所にも知っている人はいない。

「これからもよろしくお願いいたします」と書かれても、
見ず知らずの私にどうしろと?
このハガキは一体どうして、どうやって私の元に?
まさか「宛名をお間違えでは?」と送り返すわけにもいかず、
「あの〜、私にどうしろと?」と尋ねるわけにもいかない。

秋の日のミステリー。おめでたいハガキに、一人悶々とする私である。
悶々と、といえば、私のデジカメ、どこに置いたんだろ?またまたミステリーだ。
by barnes_and_noble | 2006-09-17 23:17 | モノローグ | Comments(18)

告白します・・・

って書いても、いつも通り、「そんなことかよ〜!」とお叱りをいただきそうですが。

え〜と、実は、私、ケーブルテレビの「キッズステーション」で
午後3時から放映されている「本とあそぼう!」の最初の5分間に
恥ずかしながら姿をさらしています。先週の4日から毎日・・・明日まで。

運悪く、その番組を見てしまった人は、
私の拙い読み聞かせとインタビューに応える姿を、どうか思い出さないでください。
見ていない人は、ラッキーです。
私などDVDに録画しましたが、たった5分間なのに、最後まで見る勇気がありませんでした。

できるだけ忙しくして番組のことを思い出さない様に、
この2週間はフリーマーケットに出店したり、
「釣りバカ日誌17」(浜ちゃんはやっぱり最高!)と
「青春漫画」(クォン・サンウはやっぱりステキ!)を見に行ったり、
考古学者吉村作治の講演会に出かけたり、
家族の学校の懇談会に出たり(あ、これは当たり前か)していましたが、
テレビのことが気になって気になって・・・。

ま、それも明日でおしまい。ほっ!
by barnes_and_noble | 2006-09-15 00:02 | | Comments(25)

食欲の秋がやってきた!

まだ暑さは残っているけれど、食欲の秋は確実にやって来た!
食欲の秋がやってきた!_a0025572_20115372.jpg食欲の秋がやってきた!_a0025572_2012715.jpg食欲の秋がやってきた!_a0025572_20122316.jpg






青い空、白い雲、鍋いっぱいの「芋の子汁」。
ええと、中身は、まいたけ、里芋、人参、こんにゃく、豆腐、ねぎ、大根etc...
おいしい〜!幸せ〜!(写真を拡大すると、あなたも幸せになれますよ、きっと。)

別腹に入るのは、「北見特産ペパーミントクッキー」from北海道、
「パティシエのりんごスティック」from青森、越中名菓「むぎや月」、
松山名菓「坊ちゃんだんご」。
困るなあ、食欲の秋は始まったばかり。
これからは食べる事ばかり考えて、毎日を過ごすことになるんだなあ。
自制が効けばいいけれど。
by barnes_and_noble | 2006-09-11 20:23 | 和菓子 | Comments(18)

フリーマーケットの師

夏は暑いので、出店を遠慮していたフリーマーケット。
今日は、この秋初のフリーマーケット!
数日前から準備・・・は、していない。
私の場合、準備をしようと物を広げたら最後、収拾がつかなくなる恐れ大だから。

そして、どうするかというと、
当日に早起きして、出発の時間までにフリーマーケット用の品物を
がんがん車の中に積み込むのだ。(時間との戦いである)

さて、フリーマーケットに欠かせぬもの・・・それは、一緒に出店してくれる友人。
何人かで出した方が、楽しいし、トイレに行くときも安心だし、
出店料も割り勘で、安くなるし、おしゃべりできるし・・・といいことづくめ。

今日、一緒に出店してくれた友人は、フリマのベテランで、
持って来た品物をほとんど売りさばき、残りは、手作りの鍋敷き3枚だけ。
帰りは、売上金とマットと鍋敷きだけを持ち帰るという、身軽さ。
私はというと、持って行った品物のうち、半分は売れたけど、あとはお持ち帰り。
友人を「フリーマーケットの師」と仰ぎ、これからも精進していかなければならない。
今日の売り上げは、4時間で7,090円。パチパチパチ〜!!
って、値切られなければ10.000円いってたと思うけど、値切られると、弱いのよ。
来月にも出店を計画中。「師」に近づける様に、頑張るぞ!
by barnes_and_noble | 2006-09-09 23:27 | モノローグ | Comments(12)