<   2006年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

縁とは異なもの〜交通事故編

今日、あるギャラリーでの彫刻展のハガキが届いた。
このハガキの差出人との出会いは数カ月前。
自転車でバイトに急ぐ家族が、石屋さんでゆっくりバックしていたトラックと接触、
ケガはなく、自転車が少しゆがみ、シャツが破れた程度だったが、
相手の人はとっさに名刺代わりに、
トラックの中にあった自分の個展のハガキの残りを手渡した。

その後、相手の人はわが家にお見舞いにやってきたが、
検査の結果も異常がなく、自転車を直してもらうということで、話がついた。

お茶を飲みつつ、ところで、あの時手渡された個展のハガキは?という話題になった。
学生のころ、彫刻をやっていて、石屋さんでアルバイトをしていたのが、
そのままそこに就職、年に1回、石の彫刻の個展をしているとのこと。
すれはすごい、今度個展をする時は、知らせてください、となって、
今回のハガキにいたる。
勿論、芸術のことはわからないが、お邪魔するつもりである。
人の縁とはほんとに意外なものである。
by barnes_and_noble | 2006-10-31 23:09 | モノローグ | Comments(12)

すわっ、冬の足音か?

昨日の朝は、なつかしいような音で目が覚めた。
何の音だっけ?
鳥の鳴き声・・・あっ、これは白鳥の声。
8ヶ月ぶり!
カーテンを開け、空を見ると、12羽の白鳥が飛んでいた。
というか、最初は11羽で、
これはまさにアンデルセンのお話の、魔法で白鳥に変えられた11人の王子さまみたい、
と思っていたら、ちょいと遅れて1羽飛んできた。

白鳥が来ると、冬近し。
ほんとにもうすぐ冬なのか、と近くの池に寄ってみたら、
まだ白鳥の姿は、なし。
まだ大空をさすらっているんだな。
冬が来るには、まだ少し日があるらしい。
by barnes_and_noble | 2006-10-29 18:03 | モノローグ | Comments(6)

BARNES、オレンジ色に和む の巻

最近、オレンジ色に囲まれて、元気をもらっている。
BARNES、オレンジ色に和む の巻_a0025572_22201881.jpgこれは「つめつめ羊」。
お腹の部分がくりぬいてあって、
その中に色々な色の羊毛を巻いて、詰めるだけ。
ほんとは、中の羊毛が動かないように、
別の毛糸で体をぐるぐる巻きにして完成なのだが、
ま、このままでもいいんじゃない、ってことで。
BARNES、オレンジ色に和む の巻_a0025572_22204453.jpg

さて、今日のアレンジのテーマは「ハロウィーン」。
カゴもオレンジのカボチャ柄なのだが、
このオレンジ色と黄色のガーベラに注目。
とっても鮮やかで、周りが明るくなる感じ。
密かに右上に写っているのは、カボチャの金太郎飴。
どう飾ってもいいとのことで、針金で空中浮遊させた。
BARNES、オレンジ色に和む の巻_a0025572_2221220.jpg
先週のお茶のお菓子もオレンジ色。
お銘は「錦秋」。
秋の山なのか里の秋なのか、いい感じである。
でも、次の次のお稽古の時は、
待ちに待った「おしるこ」なので、
もう気持ちはそっちの方にいってしまっている。
ともあれ、オレンジ色には、和みの効用がある模様。
by barnes_and_noble | 2006-10-25 22:45 | 手作り・雑貨 | Comments(22)

さよなら、クイーン!

私と家族2は、気に入った音楽があると、飽きるまで聴き続ける。
でも、自分のお気に入りは、いつ聴いても新鮮なのに、
家族のお気に入りについては「もう、いいんじゃない?」と冷たい。

ここ1ヶ月以上、家族はクイーンの曲ばかり聴いていた。
文化祭での合唱コンクールの自由曲がクイーンの曲に決まった日から、
暇さえあればクイーンである。
こんなに英語に浸れば、英語の成績が上がりそうなものだが、効果は一向にみられない。

さて、文化祭が終わり、これで静かな日々が戻ってくると安心した3週間前。
帰宅すると、また、クイーン。
今度はクイーンの曲をバンドで演奏するとのことで、熱心なことである。
この熱心さを勉強に注いで欲しいと強く強く願っていたが、願いは届かず。
でも、とうとう、今日、バンドの発表は終わり、家族は帰宅後、クイーンを聴かなかった。

やっとクイーンにさよならできる。さよなら、クイーン。
by barnes_and_noble | 2006-10-23 02:51 | 音楽 | Comments(14)

またまた日本映画が熱い!と思う・・・

「UDON」以来、見た映画のアップがたまっていた。
1.恒例の、大好きな「釣りバカ日誌17」
    浜ちゃんくらい、一筋に夢中になれるものがあるって、うらやましい。
    石田ゆりこがきれいだった。

2.待ってました!クォン・サンウ&キム・ハヌルの「青春漫画」
    「同い年の家庭教師」の二人が送る、ラブ・コメディー。
    あまりの展開にびっくり。でも、最後はハッピーエンドで安堵。

3.恩田陸原作の「夜のピクニック」
    第2回本屋大賞の映画化。私には珍しく、本より先に映画を見た。
    すごくよく仕組まれている筋書きで、あっぱれ!
    主人公たちも自然で、見た後に爽やかな気持ちが残った。

4.5年前を思い出す「ワールド・トレード・センター」
    世界貿易センタービルの事件の中で、がれきに埋もれた警察官二人の生還物語。
    大掛かりな映画で、迫力があったが、なぜこの二人がそんなに英雄視されるのか、
    私には理解できない面がある。

5.ご存知浅田次郎の「地下鉄(メトロ)に乗って」
    芝居のうま過ぎる大澤たかおにはちょっと引くが、
    キャスティングがとてもいいと思った。地下鉄って、異空間だよなあ、と独り言。

6.ミステリー映画祭の1本「娘道成寺」
    出演者の一人、風間トオルさんの乗ったパレードカーが、
    隣の車線でぴたっと横に止まったので(信号待ち)、
    運転席から窓を開け、「さっき、娘道成寺、見ました〜!」と
    話しかけたら、「ありがとう。」と手を振ってくれた、秋のひとこま。

7.今日、見てきたばかりの「天使の卵」
    村山由佳の原作。日本映画がまたまた熱い!と思わせられた1本。
    薄々気付いてはいたが、私は市原隼人がお気に入り(!?)。
    始めも終わりも「絵」なのが、新鮮。 

以上、もっと映画を見たいけど、お金と上映時間とのやりくりがうまくいかず、
苦悩するBARNESの、珍しく長いブログでした(って、この文も相当長い・・・)。
by barnes_and_noble | 2006-10-18 00:10 | 映画・ドラマ | Comments(28)

テーブル・リースのアレンジとお茶時間

一目見た時、「か〜わいい!」と思わず口にしたアレンジ。
ちょっとガーベラの色が派手かな?と思ったが、たまにはいいか。
テーブル・リースのアレンジとお茶時間_a0025572_8104639.jpg円を3等分して同じように挿していくので、
私の性分には合っている。
バラのそばにワックスフラワーという小さな花を
ちょこちょこ挿していくのも性格に合っている。

調子よくできたので、紅茶コーディネーターの友人に
お茶をいれてもらい、楽しいひとときを過ごした。
テーブル・リースのアレンジとお茶時間_a0025572_8182325.jpgテーブル・リースのアレンジとお茶時間_a0025572_8184525.jpgアッサムティーに
アップルティーの葉入りの
りんごケーキ。
ハロウィンの紙を切りながら
食べたのは、わさび饅頭。
不気味な月みたいだが、
味はGOOD。
by barnes_and_noble | 2006-10-14 08:27 | 手作り・雑貨 | Comments(20)

お月見の夜に何食べた?

あいにくお月見の夜は、大雨だったけれど、やっぱりお団子は食べたい。お月見の夜に何食べた?_a0025572_21573135.jpgえ〜、左からあんこ、みたらし、
ずんだ、黒ゴマ、そして、りんご(?!)
2本ずつ買って来て、
家族で好きなのを選んで食べた。
わが家は、みんな好みが違うので、
こういう時はケンカにならずにすむ。

去年はサツマイモのお団子があったが、
今年はりんごに替わってしまった。
不評だったのだろうか・・・
ちょっと気になる。

お月見の夜に何食べた?_a0025572_2262686.jpgお月見の夜に何食べた?_a0025572_2264915.jpgお月見の夜に何食べた?_a0025572_2271518.jpgお月見の夜に何食べた?_a0025572_2274262.jpgさて、その後の3連休に食べたのは、秋日和、栗鹿の子、山路の秋、栗浮島、月餅、万寿菊。
・・・気がつけば、みんな、お腹の中・・・(食べ過ぎ〜)。
by barnes_and_noble | 2006-10-11 22:19 | 和菓子 | Comments(12)

フェルトのぬくもりが恋しい季節

すごい雨と風が過ぎ去ると、うそのように爽やかな空が広がる。
でも、空気はひんやり、フェルトが恋しい季節になった。
端切れもあったので、雑誌を参考にフェルトのバッグを作ってみた。
フェルトのぬくもりが恋しい季節_a0025572_8382267.jpg

大きさはA4サイズ、おまけで作った小さいのは、ハガキよりちょっと小さいサイズ。
クリスマスのプレゼントを入れて贈る時などに使えそう。
小さいほうにはおやつを入れて、プレゼントするのもいいかも。
でも、量産は無理。フェルトとコットンを縫い合わせるのは、時間がかかる・・・。
by barnes_and_noble | 2006-10-09 08:49 | 手作り・雑貨 | Comments(14)

BARNES、「まきば」で秋を満喫する の巻

秋晴れのさわやかな1日、「まきば」へ出かけ、ゆったり時間を過ごしてきた。BARNES、「まきば」で秋を満喫する の巻_a0025572_23633100.jpg実りの秋ゆえ、かぼちゃがお出迎え。
オレンジのカボチャは、とってもかわいい。
食べられないのが、玉に瑕。

童心に返って(帰って)、牛の乳搾り体験
(牛のお乳の温かく、柔らかいこと!)、
羊との触れ合い(エサをあげたり、毛を触って、
100%ウールを実感)、
一夜明けて台風に見舞われるとは、
考えられない「のどかさ」であった。
BARNES、「まきば」で秋を満喫する の巻_a0025572_8465484.jpgBARNES、「まきば」で秋を満喫する の巻_a0025572_8471670.jpgBARNES、「まきば」で秋を満喫する の巻_a0025572_8475569.jpgBARNES、「まきば」で秋を満喫する の巻_a0025572_8481986.jpg
少し離れた牛乳工場の休憩所に並ぶ、まきば産の木のイス、
座り心地がよく、ぬくもりが感じられた。
今日は、台風だから、家の中にこもって台風が過ぎるのを待つ予定。
by barnes_and_noble | 2006-10-07 09:03 | 旅行 | Comments(12)

Serrure vol.3 ~ Autumn~届きました!

じゃーん!今日は、すてきな本の紹介をさせていただきます。それは「Serrure vol.3」。
エキサイトのブログで仲良くさせていただいているmokurenさんが
編集・発行している「Serrure」。春号・夏号に続く秋号が出ました。
Serrure  vol.3  ~ Autumn~届きました!_a0025572_2131254.jpgSerrure  vol.3  ~ Autumn~届きました!_a0025572_2132068.jpg
今回はインテリア特集。mokurenさんのDIYのアイディア、インテリア観満載です。
表紙の写真やすてきな花の写真を届けてくれたのは、natuさん。
焼き菓子のコラム担当は、himawariさん。
「美しい本のおはなし」を僭越ながら書かせていただいたのは、私。
以上は、エキサイトのブロガーです。

アメリカのアンティーク事情に詳しいmomoさん。
すてきなお花のアレンジを提供してくださっているmakiさん。
手作りの提案をしてくださっているmadokaさん。
1冊で何倍も楽しめる冊子に仕上がっています。
ネットショップのみの販売になっています。興味のある方は右の「La cle」まで。
by barnes_and_noble | 2006-10-04 22:05 | | Comments(12)