<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ゲームセット

家族の部活、最後の東北大会は、二回戦で敗退。
もうこのメンバーで試合をする姿を応援することは出来ないんだな、と思った。ゲームセット_a0025572_23183150.jpg
トレーナーをリメイクして縫ったバッグ。
この中には、事務局として必要な物が
全て入っていた。
大会で買ったストラップ付きの携帯。
試合経過を知らせたり、
応援場所を確認したり、
役員会の打ち合わせをしたりした。

バッグは空にして、洗濯。
ストラップはしばらくつけておこう。
役員会をしたコーヒー屋さんの回数券、
残っていた1枚でコーヒーを飲んだ。

あとは、今大会のDVDの編集をしてもらってダビングして、部員達に渡し、
離散会の計画を立て、次の役員さん達に申し送りをする。
段々にクールダウン。そして、家族の最高の仲間達に感謝しつつ、ゲームセット。
by barnes_and_noble | 2009-06-29 23:40 | モノローグ | Comments(4)

知らない言葉

車を運転してて、ふと自転車を漕いでいる女子高生の後ろ姿に釘付け。
「塁球部」?はて?
野球部や卓球部や水球部はわかるし、バレーボールは「排球部」でしょ、
バスケットボールは「篭球部」だし、ハンドボールは「送球部」、サッカーは「蹴球部」、
それはそうと、ラグビーは何て言うのかな。
辞典で調べてないけど、ひょっとしたら、「塁球」って、ソフトボールのことかな。

人生長くなるほどに、知らない言葉が増えていく。
子供の頃には、大きくなったら、なんでも知ってる大人になれるって思ってたのに
(遠い目・・・)。
by barnes_and_noble | 2009-06-21 20:02 | モノローグ | Comments(4)

行き先は山形!

金・土・日は家族の部活の高総体だったので、私も部員達のお母さん達と大いに燃えた。
去年はベスト8で敗退。
その瞬間に引退が決まった先輩達の涙を見ているだけに、決勝戦進出が悲願。
私達が勝手にライバル視しているチームには中学時代のチームメイト達がいて、
試合会場では、そのお母さん達に「決勝で会おうね」と言われ、
「一戦一戦近づくから、待ってて。」と返す私達。

さて、1日目・二日目と勝ち進み、準決勝までベンチ全員が出場して、勝利。
とうとう悲願の決勝戦進出。優勝すればインターハイ出場!
ライバル「決勝戦で会おうね」チームは、高総体の前から祝勝会の会場を予約していたらしいが
我がチームは予約するほど自信はなかったので、予約などもってのほか。
でも、よ〜く考えると、決勝戦で負けても、準優勝なんだから祝勝会してもいいんじゃない?
ってなことで、準決勝から決勝までの間に、会場を確保。

結果は・・・負け(とほほ・・・)。
でも、決勝戦でほんとにたくさんの人達の前でプレーができて、チーム全員が笑顔。
なんたって、悲願は達成したし、準優勝チームは優勝チームと共に、東北大会の出場権をゲット。
・・・ということは、東北大会まであと3週間引退が伸び、仲間とプレーできるのだ。
2度目の修学旅行みたいで、楽しみらしい。

私達?京都は逃したけど、サクランボと温泉の山形へ、またまた追っかけの計画を練り始めた。
書店で「京都」に目がいく自分を戒め、「山形」のガイドブックを買ってきた。
私達も思いきり楽しまなくちゃ(いや、応援しなくちゃ)!
by barnes_and_noble | 2009-06-09 23:29 | モノローグ | Comments(14)

5月の3本

5月は時間があったにもかかわらず、映画館にあまり行かなかった。
「鴨川ホルモー」
     万城目学の小説があまりに奇想天外で面白かったので、ある点に注目して見た。
     それは勿論、「ホルモー」の戦士(?)達がどう映像になってるか。
     干しぶどうを押し込める顔とはどういう顔なのか。
     結果は、「あってると思います。」よくぞ映像化してくれました。ぱちぱちぱち〜。

「60歳のラブレター」
     3組の夫婦が登場。私は戸田さんと井上順の物語にジーンと来た。
     ギターの話もよかったが、想像がついたので、いまいち。
     中村雅俊と原田美枝子の物語には、懐疑的。なんでよりを戻したのだろう?
     戻さない生き方を応援してたのに(まあ、人それぞれの考えがあるんだろうけど)。

「ベイビー・ベイビー・ベイビー!」
     うんと明るい映画を見たいと思っていて、それが実現した。
     俳優陣は「ナースのお仕事」がベース。
     赤ちゃんを生むことで、みんながちょっぴり大人になる感じが
     押しつけがましくなくて、よかった。
     松下由紀の演技がおばさんぽくて、上手だった。

5月は邦画だけ見たけど、今月は和洋両方見る予定。
「重力ピエロ」は原作を読んで、準備済みだけど、「天使と悪魔」の予習が遅々として、進まず。
by barnes_and_noble | 2009-06-04 00:02 | 映画・ドラマ | Comments(0)