<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

一服、いかが?

今日は春の芸術祭の一環として、中央公民館で茶会が催される日。
券は購入済みだったが、昼前からの用事があったので、お菓子だけ頂いて、次の用事へ。
一服、いかが?_a0025572_21511266.jpg

12時の方向のお菓子の銘は「明日香路」。
     初夏を思わせる、緑の餡玉を包む寒天が、爽やか。
2時の方向のは「糸柳」。
     緑、ピンク、黄色と春らしい色遣い。3層の重なりが菱餅を連想させる。
4時の方向はというと、「盛岡城跡石垣」。
     上と下は羊羹。桜の花びらが春らしいが、これは以前の茶会でも見たことがある。
     芸術祭の茶会なので、お菓子にも冒険してもらいたいものだ(言うのは、簡単)。
7時の方向は「さくら」。
     真ん中の花びらが精巧にできている(筋が押されている)。
10時の方向にそびえるは「春の山」。
     白い点々は、残雪かしらん?

眺めているうちに、食べたくなって来たので、今から抹茶を点てて、一服。
一服して思うに、せっかくのお菓子なので、お銘にもう一工夫あれば、
もっとおいしく感じるかもね。
by barnes_and_noble | 2010-04-29 22:23 | 和菓子 | Comments(12)

桜色のおやつの前と後

いつもの揚げパン屋さんに、本物のさくらの代わりに「さくら」が登場。
桜色のおやつの前と後_a0025572_17591668.jpg桜色のおやつの前と後_a0025572_17593457.jpg
きなことココアが好きなんだけど、今日は桜色の砂糖が載った揚げパンを注文。
早く外でおやつが食べられるくらいに、暖かくなってほしいものだ。

おやつの前に読み終えたのは、「食堂かたつむり」の文庫本に収録された
「チョコムーン」という短編。
「食堂かたつむり」の単行本は去年読んだけど、短編も収録して文庫本化するって、
ちょっとズルくないですか?
ま、「食堂かたつむり」のお客さんの物語で、ほのぼのしてたから、いいけど。

おやつの後に一気読みしたのは、「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」万城目学著。
「鴨川ホルモー」や「鹿男あおによし」の作者が、
なんと猫(マドレーヌ夫人)と小学1年生の女の子(かのこちゃん)の
物語を書いたというので、興味津々で読んだ。
女の子の「かのこ」という名前の由来が鹿の模様だったり、
マドレーヌ夫人の夫が玄三郎という名の犬だったりするところが万城目ワールド。
でも、心温まるお話で、ほろっとくるところもあって、読んでよかったと思った。
by barnes_and_noble | 2010-04-25 18:16 | 和菓子 | Comments(10)

雑多な読書は続く

新年度に入ってから読んだ2冊。雑多な読書は続く_a0025572_22461190.jpg雑多な読書は続く_a0025572_22463532.jpg
「1分で大切なことを伝える技術」 斉藤孝著 (PHP選書)
     HOW TO物は、いつもは読まない。この本は、上司のおすすめ。
     物語を読むようには読み進めなかったが、なんとか最後までたどり着いた。
     「謝り方」の項は興味深く、何度か読み返した。

「利休にたずねよ」 山本兼一著 (PHP)
     図書館に予約を入れていて、やっと回って来た本。
     普通の本と違って、利休が切腹した日から、段々に時間が遡っていく構成。
     利休と彼が肌身離さず持っていた緑釉の香合をめぐる物語。
     利休は自害する前にもお茶を点て、追っ手の気配を感じてもお茶を点て、
     お茶を点てるシーンが出てくるごとに、抹茶の香りが漂ってきそうだった。
     奇しくも長く続けたお茶のお稽古を先週辞めたばかりだったので、
     「抹茶」に対して客観的に考えるところもあり、
     いい時期に巡り会えたと思える1冊だった。

今日からは、少し軽めの本を読む。
     
by barnes_and_noble | 2010-04-18 23:25 | | Comments(4)

リセットの春

新年度がスタートして11日。リセットの春_a0025572_22122330.jpgリセットの春_a0025572_22124621.jpg
家族の残り一人が入学式を終え、
いよいよ明日から家族全員が活動開始。

家族Aはコレステロール値を下げるべく、
家族Bは復学して、単位取得に励み、
家族Cは心を入れ替えて学生生活に突入。
私は新たな職場で気持ちも新たに、
みんなリセットの春。

去年がどうだったって関係ない。
新たな気持ちで頑張ろうと
思うことが大切。
みんなリセットしてしまえるのが
春の良いところ。

おととい、お茶の先生のところに
お稽古を辞める挨拶をしに行った。
四半世紀も続けたのだから、
一区切りつけてもいいと思ったのだ。
お稽古は辞めても、趣味としては続ける。
長く続けていたことを辞めるのには
ものすごくエネルギーが要ったが、
リセットの春だから、思い切った。

桜はまだだが、クロッカスの次に咲いた
パンジーと小さなチューリップ。
by barnes_and_noble | 2010-04-11 22:58 | モノローグ | Comments(12)

4km

今年度の職場は、家から4km。
近くていいね、と言われるし、自分でもそう思う。
しかし、4日間通勤してみて感じることは、「何か物足りない」ってこと。

職場まで信号がたったの3つ。下手すると、ノンストップで着いてしまう。
これでは、信号待ちの時間に、コーヒーを飲むことも、通行人を眺めることも
DRIPPYを集中して聴くことも
職場に着いてからの仕事の順番を頭に思い浮かべることもできない。
何か物足りない。
 
でも、遠ければ遠いで、文句を言うのは目に見えている。
結局、私はいつも「ないものねだり」。
by barnes_and_noble | 2010-04-07 00:17 | モノローグ | Comments(6)

揚げパン屋さん、来る!

冬に封印してから4ヶ月、やっと愛車2号に乗れるくらいの暖かさになったので、
愛車を駆って、近くの本屋さんの駐車場に来ている揚げパン屋さんに
揚げパンを買いに出かけた。揚げパン屋さん、来る!_a0025572_22343986.jpg
きなことココアとシナモンを2個ずつ。
その場で揚げてくれるのが、楽しい。
1個ずつ「給食の揚げパン」の袋に入れてくれる。
他に、抹茶とティラミスと砂糖味がある。
カロリー高そうだが、自転車で行ったから、いいことに。

昨日は、ムービープラスで「ジャージの二人」を見た。
今日は、「恋するレシピ」を見ていたが、
家族の邪魔が入り、集中できなかったのが、無念じゃ。
by barnes_and_noble | 2010-04-04 22:45 | モノローグ | Comments(6)

小さい春

北国には桜前線はまだまだ。
花壇にやっと小さい春を見つけた。
小さい春_a0025572_23453563.jpg

今夜はテレビで「天使にラブソングを2」をやってて、見てしまった。
ウーピー・ゴールドバーグは好きな女優のひとり。
実はこの映画のサントラ盤は、PCに取り込んでいる。
金曜日の夜に、好きな映画をぼうっと見ている図は「くつろぎ」の一言。
by barnes_and_noble | 2010-04-02 23:59 | モノローグ | Comments(2)

新年度1日目

5日間ぐうたらした後の、新年度1日目。
新たな職場で緊張したが、中には、以前の職場での同僚も何人かいて、声をかけてくれて、ほっ。

ちょっと早く帰ることができたので、今日が「映画の日」だったのを思い出し、
家でぐうたらしていた家族1名を誘って、「ダレン・シャン」を見に行く。

新年度1日目_a0025572_23421659.jpg昨年度、国有林のモニターをしたお礼として、
青森ひばの箸箱が送られて来て、
気が利いてるなと思った。

明日の夜から「利休にたずねよ」を読み始める予定。
そのあとはコージー・ミステリーを1冊買ってある。

こう書き出してみると、すごく普通な1日目だったなあ。
by barnes_and_noble | 2010-04-01 23:59 | モノローグ | Comments(0)