<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ミラクル!

ザックジャパンの優勝もミラクルだったけど、私の周りにもミラクルが起きた。
昨日は私の誕生日で、私には同じ誕生日の3才の姪がいるのだけれど、
その姪の弟が、なんと昨日、産まれたというミラクル。
3人で「29(にく)の会」を結成できる!と喜んでいるのは私だけ?
ミラクル!_a0025572_2147103.jpg

家族からはオレンジのバラを5本。
私は5才でも50才でもないのだけれどね。
ミラクル!_a0025572_221655100.jpg
いつも忘れず、プレゼントをくれるのは母。
シャネルの「ココ オウドゥ パルファム」とカード。
カードには涙が出るほどのことが書いてあり、
この先1年、お守り代わりにしようと思った。

友人と見に行く約束をしていた「GANTZ」。
上映6時間前に良い席を予約しておいてくれて
嬉しいサプライズもあった。

これからの1年、どうぞ健康に心楽しく暮らせますように。
by barnes_and_noble | 2011-01-30 22:40 | モノローグ | Comments(8)

GACKTの「眠狂四郎無頼控」

半径5kmの狭い世界で暮らすこと、2ヶ月。
GACKT主演の「眠狂四郎無頼控」仙台公演のペアチケットをいただいたので、
同僚を誘って、出かけて来た。
美しいGACKTを見るのは勿論のことだが、共演する俳優さん達の演技も楽しみだった。
田中健、綿引勝彦、堤大二郎、嶋田久作、有森也実など、ほんとに芸達者の面々。
そして、音楽と映像のコラボ。
今時の演劇って、こんな感じなのかしら?それとも、主演GACKT、音楽SUGIZOだからかしら?
お着物でいらしている方々もいて、華やかな客席。GACKTの「眠狂四郎無頼控」_a0025572_22353429.jpg

数あるグッズの中、、京都祇園「萩月」の
かりんとうを購入。
これをちまちま食べながら、
「眠狂四郎」のことを思い出そうという魂胆。
初めての観劇に驚くことがいっぱいあった。

会場は東京エレクトロンホール宮城。
すぐそばに仙台メディアテークと売茶翁が
あるという、私にとっては、すばらしい立地。
もっと書きたいけれど、サッカーの試合が
始まっているので、今からは応援に専念しようと思う。えっ?PKだと?!
by barnes_and_noble | 2011-01-25 22:48 | 旅行 | Comments(4)

冬の作品展〜その3

凍った道路は危険がいっぱい。だから、極力出かけずに、家でちまちまと手作りで遊んでいる。冬の作品展〜その3_a0025572_20161759.jpg冬の作品展〜その3_a0025572_20163874.jpg
「はんど&はあと」のキットが溜まりすぎてるって言うのもあるんだけど。
左はニットのバッグ。内側の小花模様の布がかわいいのだけど、見えなくて残念。
使う予定は全くない。小さな姪にプレゼントしようか。
右はポットマット。バイアステープの小花模様が気に入っている。
これは今日から早速使おうと思っている。
さて、今日は何作ろうかな。

最近、とみにテレビっ子になっている。
火曜日は「CONTROL」。
水曜日は「相棒」。
木曜日は嵐の番組2つ。
金曜日はまだ始まってないけど「バーテンダー」。
土曜日は「志村どうぶつ園」と「世界ふしぎ発見」と嵐。
日曜日は「江」と「冬のサクラ」と「スクール」(同じ時間なので、片方は録画で)。
時間がいくらあっても足りないよ〜。
by barnes_and_noble | 2011-01-19 20:35 | 手作り・雑貨 | Comments(0)

いつの筋肉痛?

昨日は、膝の後ろや肩の付け根が痛かった。
一昨日、同僚達と久々のスキーをしに出かけたせいに違いないと思い、
「昨日のスキーで、筋肉痛になっちゃって・・・」と話していたら、
横から「それって、ほんとに昨日のスキーの筋肉痛?」という声が。
昨日のスキーのせいだとしたら、筋肉痛になるのが早過ぎはしないかというのだ。
年をとるごとに、筋肉痛は忘れた頃にやってくる、というのは身を以て知っている。
なるほど、と納得する私。

・・・ということは、これはスキーのせいではなく、
1週間前の雪かきをしたための筋肉痛?!
・・・ということは、1週間後には、スキーの筋肉痛になるはず。
恐ろしいことだ。
by barnes_and_noble | 2011-01-15 11:58 | モノローグ | Comments(2)

ちょっと楽しい♪なんだか嬉しい♪

職場にもみんなの顔が揃い始めた(ちょっと揃うのが遅い?)。

私は大学に講習を受けに通ったり(8日間も)、ちょっと楽しい♪なんだか嬉しい♪_a0025572_23325127.jpg
家でぐうたらしたりで、
家から5km圏内に生息していたため、
冬休みの世界はとっても狭かった。
私がぐうたらしていた間に、
沖縄に行った人あり、
箱根に行った人ありで、
こんな私にもおみやげが。

ミンサー織の携帯ケースと
山のホテルの「紅ほっぺいちごジャム」。
携帯ケースは4人色違い。
ちょっと楽しい。
明日はジャムトーストを食べたくなって、
帰りに食パンを買って来た。なんだか嬉しい。
半径5kmの世界は、おみやげでふんわり広がった。
by barnes_and_noble | 2011-01-14 23:56 | 旅行 | Comments(0)

冬休み作品展〜その2

一度やってみたかった「こぎん刺し」。冬休み作品展〜その2_a0025572_2072565.jpg
というか「こぎん刺し風」カードケースを
作ってみた。

幾何学模様っていうのは
とても美しいと思う。
「こぎん刺し」に惹かれる理由も
そこにあるのかもしれない。
刺していくうちに
パターンが頭に入って来て、
なんだか調子にのってくる。

静かな時間にふと、昨日観た
「マザーウォーター」のピアノの
メロディーが頭に浮かんだ。
by barnes_and_noble | 2011-01-11 20:37 | 手作り・雑貨 | Comments(12)

12月に読んだ本

忙しい時ほど、本に逃避してしまう事実。
「おいしい おいしい」大橋歩著(集英社)
          以前に書かれた本なので、今とは少し状況が違う印象。
          私と大橋歩とでは食べ物に関して価値観が違うらしい。
         
「小さな本の数奇な運命」アンドレーア・ケレバークル著(晶文社)
          なんと内容が思い出せなくて、調べた(こんなことでいいのか!)。
          そうそう、古本屋さんの本が一人称で、自分の半生を語っている本。
          視点は面白かった。

「彼女のいる背表紙」堀江敏幸著(マガジンハウス)
          書物の中の女性とその書き手をめぐるエッセイ。
          上質だが、少し難しかった。

「配達あかずきん」大崎梢著(東京創元社)
          書店員とアルバイトの女の子がそこで扱う本をめぐるミステリーを
          解き明かしていく物語。とっても面白かった。
          大崎梢の作品に注目。

「フリーター、家を買う」有川浩著(幻冬舎)
          大好きな有川浩の作品。ドラマを観たままにしないで
          原作も読んでほしい。どちらもとっても楽しめる。

「やんごとなき読者」アラン・ベネット著(白水社)
          イギリスの女王さまがお城の隣に停まった移動図書館に気付き、
          政務より本に夢中になってしまったという物語。
          奇想天外な発想が楽しかった。

「行動することが生きることである」宇野千代著(集英社)
          ほんとに少しずつ少しずつ読んで、やっと読み終えた。
          なるほど、と思って、手帳に書き留めた言葉が3つある。
          ほぼ日手帳にね。

先月は本にまつわる本をたくさん読んだなあ。きっと今月もそうなると思うけど。 

     
by barnes_and_noble | 2011-01-09 01:31 | | Comments(4)

冬休み作品展〜その1

今年のめあては「すっきりした生活」。冬休み作品展〜その1_a0025572_2254518.jpg
よくすることは「風通し」と「見通し」。
毎日することは「読書」と「手作り」。
心がけるのは「こまめの家事」。

新年手作り1作目は「かご」。
ラフィアひもで編んだ。
ほんとは胴体部分が膨らむはずが、
願望がそうさせたのか、胴体がスリムに。
でも、やり直しはいやだったので、
そのまま無理矢理取っ手をつけて、
出来上がったことにした。
ま、そんなとこ。
by barnes_and_noble | 2011-01-05 23:05 | 手作り・雑貨 | Comments(2)

新年早々、やるせない。

いつものことながら、暦は新しくなっているのに、
することと言ったら、去年の続きの掃除やら何やら。
おやつぐらいは新年らしく、と買っておいたうさぎの味噌パンを食べる。新年早々、やるせない。_a0025572_23575427.jpg
前足からがぶりといったけど、
この手のものは
いつもどこから食べたらいいのか、迷う。
救いは平面だってことかな?
「ひよこ」は立体なので、ほんと悩む。

ところで、今日、やっと「龍馬伝」の
最終回にたどり着き、
感慨深く見ていたところ、
あともう少しで、龍馬暗殺のところで
画面に「録画が終了しました」の文字が!
世の中では暗殺シーンにテロップが入って
NHKに苦情殺到とのことだったが、
そこまでもいってないのに、録画終了って一体?!
新年になって、オンデマンドに加入したが、もう「龍馬伝」は期限が切れてるらしく、
1年間にも渡る大河ドラマの一番の見所を逃してしまったやるせなさは、
2011年のお正月の最大の汚点として、宙に舞っている。
by barnes_and_noble | 2011-01-03 00:11 | 映画・ドラマ | Comments(7)