<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

新しい友達のでき方

「作り方」じゃなくて、「でき方」。
昨日、東京ドームでの「嵐のワクワク学校」というチャリティ・イベントに参加してきた。
一人での参加だったので、すご〜くどきどきしての参加。
でも、同僚が「絶対に友達はできる!」と断言していたので、
その言葉を励みに、「でも、どうやってできるわけ?」といぶかりながら席を探す。
席に着いても、なかなか両隣が来ないので、居心地悪〜い。

・・・と、やっと右隣に「失礼しま〜す」とやって来たのは、
同年代らしい、一人の女性。
思わず、「お一人ですか?私もです。」と声をかけてしまった私。
話すうちに、お互いの住んでいる所も近いことがわかり、「意気投合」。
あれ?ほんとに友達ができたぞ。
イベントが終わって、「じゃあ、ご飯でも一緒に。」ということに。
彼女が、グッズ売り場で知り合ったという親子連れや若い女性二人組とも一緒に
ご飯を食べることになり、初めて遇った者同士なのに、
昔からの知り合いであるかのように、「意気投合」。

初対面の人とメルアドの交換などしたことのない私が、メルアド交換をし、
昨日、今日とメールのやり取りをしていることが不思議。
嵐がくれた「できちゃった婚」ならぬ「できちゃった友」との出会い、
私のこれからの人生で、新たな展開をしていきそうな予感。

このイベントでは、ブログでの友人とも会うことができた
(こちらは、是非会いましょう!と連絡を取って、実現)。
新たな人との出会いには「どきどき」がつきものだけど、
その「どきどき」は、これからの「わくわく」につながっていく。
by barnes_and_noble | 2011-06-27 21:59 | モノローグ | Comments(10)

緑の街に舞い降りてみると

それはそれは新鮮だった。
このごろ、長年住んでいるこの街に、言葉は悪いが「飽きた」と思うことが増えていた私。
昨日、あまり気は進まないが「転勤奥様教室」に参加して、
街の中心を流れる川沿いを歩いてみたら、あ〜らまあ、この街、なかなかいいんじゃない?
緑の街に舞い降りてみると_a0025572_11232116.jpg


緑の街に舞い降りてみると_a0025572_11245263.jpg

植物の緑に心を潤され、住んでいる街の奥深さに気付かされた、数時間。
by barnes_and_noble | 2011-06-19 11:30 | 旅行 | Comments(2)

きっぱりした人

きっぱりした人は、私の憧れである。

夏の草取りと冬の雪かきから解放されたい、とマンション暮らしを選べる人。
スキンケアが大事だから、化粧は一切しない、と言い切れる人。
服の好みが一貫していて、後ろ姿でその人だとわかる人。
ランチのメニューを、すみやかに選べる人。
「好き」なものは「好き」と胸を張って言える人。
ショートカットにしたら、バレッタは処分できる人。
頃合いをみて、永遠に続きそうな話をさりげなく終わりに持って行ける人。
物事の優先順位を「なんとなく」ではなく決められる人。

そういう人に会うと、背筋が伸びて、背中がまるくなっていたことに気付く。
そういう人を見ると、世間体にがんじがらめになっている自分が恥ずかしくなる。
それでいて、「きっぱりした人」になりきれない自分だからこその自分か?とも思う。

嵐のDVDを2時間じっくり見たあとの、i-Tunesで聴くボサノバが心地よい。
せっかくの休みの明日はゆっくりしたいけど、
義理で申し込んだ「転勤奥様教室」に行かなきゃいけないから、のんびりできない。
転勤奥様じゃないから、申し込まない方がよかったのか、
頭数を揃えるのに、一応必要とされて、頼まれたのをよしとするか。
おとといのレディースデイには「阪急電車」を観たけど、
「プリンセス・トヨトミ」にすべきだったかな。
つまるところ、全然きっぱりしなさすぎな、週末の私である。
by barnes_and_noble | 2011-06-18 00:38 | モノローグ | Comments(2)

BARNES、嵐のCMに釘付けになる、の巻

常日頃から、嵐には癒されたり、元気をもらったりしているのだけれど、
一昨日あたりから、テレビをつけるたびに、新しいCMが流れて来て、
嬉しいこと、この上ない。

特に、日立の電子レンジ!
今までの、掃除機と洗濯機と冷蔵庫と乾燥機とエアコンもよかったけど、
電子レンジに地位を奪われる、いじけたフライパン役が大野くん。
人間じゃなくて、フライパン!はまりすぎ。

次にいいのは、KIRINのグリーンラベル!
このシリーズは、いつも自然がいっぱいで、いやされるのだけれど、
それ以上に、「飲む〜?」と大野くんの笑顔で訊かれると、こくんと頷きたくなる。

そして、JALの嵐JET!
爽やかな衣装の5人が笑顔で走って来ると、誰を見たらいいのか、迷ってしまう。

嵐のCMはまだまだいっぱいあって、どのチャンネルでも毎日見ることができるけれど、
ああ、だめだ、やっぱりフライパンの大野くんが頭から離れない。
しばらくは日立のCMから目が離せない。
10日後、東京ドームで大野くんを見たら、フライパンに見えるかもしれない。
というより、見えるに違いない。困るわ〜。
by barnes_and_noble | 2011-06-16 21:53 | モノローグ | Comments(4)

5月に読んだ本

「少女イス」ジョーン・エイキン著(冨山房)
     久々に児童文学を楽しんだ。主人公イスだけに都合良くできている感はあるけれど。
     この手の物語には、いつも「希望」がある。最初がどん底であっても、
     手を差し伸べてくれ、共にこれからを歩んでいこうとする大人達の姿が嬉しい。

「女子の古本屋」岡崎武志著(筑摩書房)
     「好き」を仕事にした個性は13人の古本屋女性店主たちの物語。
     行ってみたいのは仙台の「火星の森」。
     この本、県庁所在地の盛岡の図書館にはなくて、一関の図書館から借りて読んだ。

「おしまいのデート」瀬尾まいこ著(集英社)
     デートするのは恋人だけとは限らない。
     恩師と、学校では接点のない友人と、拾い犬を介して、恋人の子どもとなど
     そこに存在するのは「心の交流」。
     大好きな瀬尾まいこワールドが広がって、幸せな気持ちになった。

「1日が見えてラクになる!時間管理術」池田暁子著(メディアファクトリー)
     自分の時間の使い方を書き出してみて、24時間を上手に使う工夫。
     作者がイラストレーターなので、見やすい構成になっている。
     
「目うろこ言葉」勝間和代・上大岡トメ著(朝日新書)
     勝間和代が「これは!」と思った言葉を上大岡トメのイラストで
     内容がよく伝わるように著わしてある。イラストで助けられた面が多くて、
     文章だけだったら、読み終えられなかったと思う。

「3652」伊坂幸太郎著(新潮社)
     伊坂幸太郎のエッセー集。自分の本についてや作品の背景になったエピソードに
     ついてのエッセーで、下の欄には、そのエッセーを書いたときの解説も
     書かれているのが、面白かった。「1Q84」のもじりかと思ったら、
     そうではなく、「1年365日×10年+うるう年にあたる2日」のことだった。
     つまりここ10年の伊坂幸太郎のエッセーってこと。

絵本「こりすのはつなめ」芦田こう介(ひさかたチャイルド)
  「おおきくなるっていうことは」中川ひろたか(童心社)
  「ハンダのびっくりプレゼント」アイリーン・ブラウン(光村教育図書)
  「トイレにいっていいですか」寺村輝夫(あかね書房)
  「はなをくんくん」ルース・クラウス
  「いいから いいから」長谷川義史


     
by barnes_and_noble | 2011-06-11 11:19 | | Comments(2)

1分前!

インフルエンザで、半ば、どうでもよくなっていた嵐の東京ドームチャリティー。
昨日、当選メールが届いて、いっぺんに覚醒!
もやもやしていた視界が、突然晴れ渡り、世の中、こんなに面白かったかしら?って感じに。

ただ、振込が今日の3時までで、午前中の休憩時間と昼休みと午後の休憩時間の
どれかで銀行にいかなければならず、緊張。
午前中の休憩時間には序用事があって行けず、まだ昼があるさ、と自分に言い聞かせる。
昼休みになればなったで、まだも野暮用が。
仕方ないな、午後の休憩時間に絶対行かなくちゃ!
そうして、やっと休憩時間になるも、出かけられない用事ができ・・・、
3時5分前に上司に断って、職場を抜け、振込が終わった時刻は、2時59分!
今回の東京ドームチャリティー「嵐のワクワク学校」22万人動員といえども
こんなに危ない橋を渡っている私のような人は、そういないのでは?

当選にわくわくした次は、振込にどきどき。
おかげで、ぼうっとした日常から抜け出し、いろいろなことを面白がれる自分が戻って来た。
それにしても、振り込んだついでに生活費もおろしておくんだった。
振り込むことのみに集中して、財布にクリーニング代すら入っていないのだった・・・。
by barnes_and_noble | 2011-06-09 21:43 | モノローグ | Comments(2)

BARNESの目論み、みごと外れる の巻

インフルエンザだと診断された時には、その週のうちに復活できるのかと考えていたけれど、
おとなしくしていれば本もたくさん読めるのかと思っていたけれど、
どんでもない、目論み外れ!

寝ているうちにカレンダーは6月になり、
朝、職場にFAXする以外は、時間の観念がなくなり、
何が食べたいんだかも思い浮かばず、
PCも携帯も開かず、
本を開く気も起こらず・・・。
今日、やっともそもそ起きだして、体重を量ったら5kg減ってた。
でも、ちっとも嬉しくないし・・・。

明日から職場復帰。運転の仕方、忘れてないよね。
今週あと4日で、遅れている仕事も挽回しないと。
目論みが外れた私の6月は明日からやっと始まる。
by barnes_and_noble | 2011-06-06 23:32 | モノローグ | Comments(0)