<   2011年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ホキ美術館へ

以前から行きたいと思っていた、「ホキ美術館」。
1年前に開館したばかりの、写実絵画だけを集めた美術館。
ホキ美術館へ_a0025572_23502045.jpgホキ美術館へ_a0025572_2351102.jpgホキ美術館へ_a0025572_23522238.jpgホキ美術館へ_a0025572_23524753.jpg
空中に突き出たような特徴的なデザインの建物。
160点ほどの写実的絵画。もう写真みたいで、びっくり。
残念だったのは、レストランが予約でいっぱいで、ランチが食べられなかったこと。
でも、そのお陰で、地下にある(ほんとは1階なんだけど)カフェテリアで
限定10食のハヤシライスとシフォンケーキを食べることができた。
シフォンケーキの載ったお皿にも写実的なバラの花。
カフェテリアの椅子は、テーブルごとに違うデザイナーズチェア。
どれも魅力的な椅子だった。
充実した昼下がりを、カフェテリアのテーブルの上のオブジェと共に記憶にとどめる。
by barnes_and_noble | 2011-11-29 00:06 | 旅行 | Comments(4)

1240円の幸せ

書店での読み聞かせのついでに、友人ふたりに本を買った。
1冊は送るし、1冊は手渡すつもり。
1240円の幸せ_a0025572_23514435.jpg

その帰りにブックオフに寄ったら、セールをしていたので、自分にもと思い、
ついつい本を7冊も購入。
「博士の本棚」小川洋子(新潮文庫)
「クリスマス・ラテのお別れ」クレオ・コイル(ランダムハウス文庫)
「それ行け!トシコさん」群ようこ(角川文庫)
「ペンギンの台所」小川糸(幻冬舎文庫)
「食堂かたつむり」小川糸(PHP出版)
「温かなお皿」江國香織(理論社)
「見えない誰かと」瀬尾まいこ(しょう伝社)
しめて、1240円。
今、すっごく幸せ♪
by barnes_and_noble | 2011-11-24 00:11 | | Comments(0)

ハートのなる木

「HEART TREE」という植物があるのをカタログで知り、注文してみた。
「金のなる木」っていうのが実家にあるけど、
あれは葉が出て来るところに5円玉を置いておくと、
葉が5円玉の穴から伸びて来るという仕組み。
まあ、いきさつはどうあれ、結果的には「金のなる木」になっている。

でも、こっちは、自然にできた実が、ハートの形になって成長するらしい。
「自然に」というところが、ぐうたらな私には合っている。

緑の葉に、赤い実に、赤い鉢。
3日前に初雪が降った北国にぴったりの、テーブルの上のクリスマスカラー。
ハートのなる木_a0025572_21444622.jpgハートのなる木_a0025572_2145976.jpg
by barnes_and_noble | 2011-11-19 21:46 | 手作り・雑貨 | Comments(0)

Fの鉛筆

何を隠そう、私の小学校入学時、親に揃えてもらったのはF の鉛筆であった。
初めて握ったのがFの鉛筆だったので、Fが一般的だとばかり思っていたが、
気がつけば、まわりの子たちはBや2Bを使っていた。

でも、まわりはどうでもよくて、
自分の名前が平仮名で刻印されたFの鉛筆の書き味が、私は本当に好きだった。
FはHBとHの間の位置づけ。派閥を持たないところがまたいい。
以来、私の中で鉛筆といったら、Fである。

それにしても、私の親は何を思って、我が子の初めての鉛筆をFにしたのだろうか。
今更訊いても、鉛筆をFにしたことすら忘れているのではないか。別にいいけど。

EXCITEの「Fの鉛筆」についてのピックアップ記事を目にして、
筆箱に整列したFの鉛筆の姿と共に、小さな小学生だった頃の空気がよみがえって来た。
by barnes_and_noble | 2011-11-17 00:01 | モノローグ | Comments(4)

やっとできた!

ちまちまと刺し続けること1週間。
ちまちまやることにも飽きて、「一気にしあげてしまえ!」と家にこもって
「スミレ」の模様のニードルポイントのペンケース(だと思う)を仕上げた。
慣れている人なら、ちょちょいのちょいとできてしまうのだろうけど
これ一つ作るのに、20時間くらいかかった。

でも、私にとっては、形にしたことが大事。
形にできずに、しまいこんでいるあれやこれやを記憶のかなたに押しやって、と。

さっきまで仕上げることに一生懸命だったけど、仕上がってみると、
なんか寂しいような、また、何か作りたくなったような・・・。
やっとできた!_a0025572_2331955.jpg

by barnes_and_noble | 2011-11-13 23:04 | 手作り・雑貨 | Comments(2)

最近プリンが気になる

ケーキも好きだけど、この頃、よく食べるのがプリン。
ぷっちんプリンは、形もてっぺんのカラメルもこの上ないが、
最近、食べたのはこちら。
近くのデパートの北九州の物産展にて、福岡の「西通りプリン」。
カラメルは別になっていて、ちょっとからい。
もう一つは、東北自動車道の菅生サービスエリアで一番人気らしい「chuっプリン」。
マヨネーズかと見まごう外見。チュッチュと吸って食べる。
おいしいけど、難点は内側に残っているプリンを食べ尽くすことができないこと。
最近プリンが気になる_a0025572_23561369.jpg最近プリンが気になる_a0025572_23565135.jpg
by barnes_and_noble | 2011-11-08 23:58 | 和菓子 | Comments(6)

好日

文化の日はとっても暖かい秋の日だった。
美術館に行って、本の展示を見たり、
丘から子ども科学館を眺めたり、
木立を抜けて、先人記念館の茶会に行ったり、
結婚記念日に貰った花束のリボンが気に入ったり、
そんな秋の1日だった。
好日_a0025572_23213831.jpg好日_a0025572_23225256.jpg好日_a0025572_2323595.jpg好日_a0025572_23263258.jpg
by barnes_and_noble | 2011-11-05 23:36 | モノローグ | Comments(8)

10月の7本

「ステキな金縛り」・・・三谷幸喜の脚本も俳優陣も息がぴったりで、
            ユーモアが随所に盛り込まれ、満員の映画館に笑いが起こる。
            特にハーモニカのシーンがいいなあと思った。
            
「ポンヌフの恋人」・・・若き日のジュリエット・ビノシュが出ているラブストーリー。
            でも、私は「ショコラ」みたいな彼女を期待していたので、
            好みが合わなかった。別の席で見ていた友人に
            「何分か観て、途中退席するかと思ったよ。」と言われた。

「ランゴ」・・・「ショコラ」続きというわけではないが、こちらはCG作品。
        主人公のカメレオンの声はジョニー・デップ。
        カメレオンの動きもモーション・ピクチャーでジョニー・デップの動き。
        カメレオンはジョニー・デップに見えて来たし、
        モグラもイノシシもヘビもみんなこういう人間いるよなあ、と思わされる。
        ストーリーもほろっと来る。

「フォレスト・ガンプ」・・・地元の映画祭で上映されたのを観に行った。
              主演のトム・ハンクスが実に実にいい味を出していて、
              歴史上の有名人とのエピソードを盛り込んだ構成も
              面白かった。

「おじいさんと草原の小学校」・・・84歳、世界最高齢の小学生、キマニ・マルゲの
                 実話をもとにした作品。政府に対する反逆の罪を問われ、
                 大虐殺で家族を失い、人生の大半を収監されていた老人。
                 国民は誰でも小学校で学ぶことができるという知らせに
                 1通の手紙を読みたいがために、文字を習いに出かける。
                 好奇の目、反対派の嫌がらせにもめげず、文字を学ぶ。
                 小学生との心の交流、励ます校長先生の姿にも
                 心動かされた。

「ツレがうつになりまして」・・・「神様のカルテ」で「ハルさん」だった宮崎あおいが
                この映画でも同じ名前だった(どうでもいいけど)。
                彼女と堺雅人とペットのイグアナと亀と日記風のイラストが
                うまく絡み合って、心温まる作品。

「親愛なるきみへ」・・・軍隊に行っている間に、恋人は別な人と結婚してしまうとは
            よくあるストーリーだが、結婚相手が不治の病で、後を託される。
            結婚した理由も納得し、また、新たな愛が始まるので、
            観ていて、ほんと、ほっとした。

今月は「三銃士」と「怪物くん」が見逃せません!映画、サイコー!(←怪物太郎の影響大)
by barnes_and_noble | 2011-11-03 10:19 | 映画・ドラマ | Comments(2)