<   2013年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

BARNES、札幌で少しだけお土産を買う、の巻

嵐グッズの他に、お土産で買ったものは、少しだけ。
BARNES、札幌で少しだけお土産を買う、の巻_a0025572_21412312.jpg

「限定」という言葉に弱いので、まずは、札幌スープカレーの素。
これは一緒に行った友人が教えてくれた。
それから、北海道でしか売っていない、いろはすのハスカップ味。
らっきょのチキンスープカレーは、内容充実で、すごく美味しかった。
クラーク博士のbook型の缶入りバター飴(缶の中に小さな本入り)。
北海道大学内では、「雪の天使たち」という梅酒とブルーベリー酒。
雪の結晶が散りばめられたガラスの容器に入っていて、斜めにも立つ。
そして、北海道大学認定の「北大のハルニレで作ったお箸と
ハルニレで作ったボタンのついた箸入れ。
最後に申し訳程度に札幌農学校のミルククッキー。

いやあ、改めて食べ物ばっかり。
でも、わずかにバター飴の缶と「雪の天使」のガラスが
今回の「LOVE」LIVEの弾丸ツアーのことを思い出させてくれることだろう。

話は変わり、昨日のMUSIC STATIONの嵐のLIVE、とっても楽しかった。
まさか「FANKY」を歌ってくれるとは!おばちゃんの私も踊っちゃったわ。
そして、大好きな「曇りのち、快晴」も歌ってくれて、
ここには語り尽くせない見所に感動!
by barnes_and_noble | 2013-11-30 22:12 | 旅行 | Comments(0)

嵐「LOVE」札幌 弾丸ツアー3日目~魅惑の大野池~

さて、札幌の旅も最終日。
今回、絶対にこの目で見たかった場所へ。
北海道大学の構内に「大野池」という池があるというもので。

正門から秋の陽射しを浴びて散策すると、
嵐「LOVE」札幌 弾丸ツアー3日目~魅惑の大野池~_a0025572_2117479.jpg

クラーク博士の胸像があり、
嵐「LOVE」札幌 弾丸ツアー3日目~魅惑の大野池~_a0025572_21183818.jpg

そこを右に曲がると、大学の博物館があります。
嵐「LOVE」札幌 弾丸ツアー3日目~魅惑の大野池~_a0025572_2119424.jpg

博物館の前を直進すると、人工雪誕生の地の碑があり、
嵐「LOVE」札幌 弾丸ツアー3日目~魅惑の大野池~_a0025572_21221061.jpg

その先に、ありました、大野池!
嵐「LOVE」札幌 弾丸ツアー3日目~魅惑の大野池~_a0025572_21224095.jpg

25mプールほどの池ではありますが、水鳥の足が見えるほど澄んでいるのです。
嵐「LOVE」札幌 弾丸ツアー3日目~魅惑の大野池~_a0025572_21252299.jpg

水面が静かで、そばの木が大野さんの佇まいのようにも思えました。
嵐「LOVE」札幌 弾丸ツアー3日目~魅惑の大野池~_a0025572_21385615.jpg

(ほら、写真を逆さにしても違和感ない位、静かな水面でしょう?)
木の下にいたら、さあっと風が吹いてきて、葉っぱがたくさん舞って、
なんか素敵な気持ちになりました。
「LOVE」を聴いたら、大野池のこと思い出すなあ、ずっとこれから、きっと。

今日は、大野さんの誕生日。
33歳の1年間、のんびりまったり過ごしてほしいです。
周りが許さないと思うけど。
by barnes_and_noble | 2013-11-26 21:35 | | Comments(0)

嵐「LOVE」札幌 弾丸ツアー 2日目 後半

札幌に来るのは4回目なのに、未だに行っていない大倉山&羊ヶ丘。
まさにそこだけを巡る3時間のバスツアーに参加。

大倉山はスキーのジャンプ競技の場所なので、早速リフトでスタート地点へ。
傾斜が半端じゃなく、スタート地点からゴールを見ると、恐ろしい。
とてもおいしいソフトクリームを食べ、映画「探偵はBARにいる」で
大泉洋が悪者にここで脅されてたなあ、などと呑気に思い出す。
嵐「LOVE」札幌 弾丸ツアー 2日目 後半_a0025572_23571684.jpg

嵐「LOVE」札幌 弾丸ツアー 2日目 後半_a0025572_23574671.jpg

大倉山には、ウィンタースポーツミュージアムもあり、
冬のスポーツを体験できるコーナーや写真コーナーがある。
真央ちゃんになりきって写真を撮ったが、人前には晒せない。

円山地区を通って、羊ヶ丘へ。
丸山地区はすてきな建物がいっぱいあって、次に札幌に来た時は、じっくり歩きたい所。
さて、1週間前にNHKでクラーク博士の特集があったので、予習バッチリな羊ヶ丘。
大志の誓いもクラーク像のポストに苦労しながら入れてきた。
ポストの中が満杯で、よっぽどみんな大志を抱いているのね、と実感。
嵐「LOVE」札幌 弾丸ツアー 2日目 後半_a0025572_010408.jpg
嵐「LOVE」札幌 弾丸ツアー 2日目 後半_a0025572_010232.jpg

クラーク像の向こうには、LIVE2日目を迎えた札幌ドーム。
反対側は、きれいな夕焼け。
by barnes_and_noble | 2013-11-25 00:13 | | Comments(2)

嵐「LOVE」弾丸ツアー 札幌 2日目

前日のLIVE後、すごい混雑でホテルにたどり着いたのは12時近く。
買っていたロバパンが空腹を救ってくれた。ありがとう、ロバパン!

そして、翌朝。
昨日の疲れも朝食を食べたら吹き飛び、予定通り、モエレ沼公園へ。
地下鉄とバスを乗り継いで、40分で行ける、とにかく広い公園なのだ。
あまりの広さに心までゆったり。
嵐「LOVE」弾丸ツアー 札幌 2日目_a0025572_2353757.jpg
嵐「LOVE」弾丸ツアー 札幌 2日目_a0025572_23523018.jpg
嵐「LOVE」弾丸ツアー 札幌 2日目_a0025572_2351171.jpg
嵐「LOVE」弾丸ツアー 札幌 2日目_a0025572_2349534.jpg
嵐「LOVE」弾丸ツアー 札幌 2日目_a0025572_2348286.jpg

ここがゴミ捨て場だったとは全然想像がつかない。

さて、札幌駅へ戻り、担々麺で腹ごしらえをしてから、2時からの観光バスに乗る。
大倉山&羊ヶ丘展望台を廻るコース。
明日に続く。
by barnes_and_noble | 2013-11-23 23:58 | | Comments(2)

嵐「LOVE」LIVE

続々とドームに集まってくる人の波を見ると、幸せになる。
一人ひとりがワクワクした気持ちを抱えてここに来る。
お気に入りのメンバーの色を使った、凝った衣装の女の子達、
怪物くんになってる男の子、ペンライトや団扇を手に手に、紅潮した顔、顔。
ここにいる全ての人達と、嵐との「時」を共に過ごす高揚感で、
ドームごと何処かに飛んで行っちゃいそうな感じ。

隣の席の、同年代らしき方、ちょっと無愛想な気がしていたんだけれど、
大野さんのソロのダンスが始まり、大野さんがふわっと宙を舞った時、
「素敵~」と同時に言い、顔を見合わせ、頷き合った。
息を詰めてダンスを見守り、終わった時には、「よかったですね」「本当に」。
こういう連帯感も、楽しい。

黄色いレインコートを着て艶のある声で歌う大野さんが、目に焼き付いて離れない。
スクリーンに映し出される5人のレインコート姿のかっこよさと
5人が赤ちゃんに扮して(映像だけど)会話するお馬鹿な姿のギャップがありすぎ!

みんなが練習してきたダンス「FANKY」、5万人が一斉にペンライトを点けた時、
会場全体のライトの色が揃って、それはそれは美しかった。

嵐からもらった幸せを抱えて、みんなが帰途に着く。
私もその幸せをこぼさないように、歩いた。
余韻が続くように。
この感動を忘れないように。
by barnes_and_noble | 2013-11-21 23:09 | Comments(0)

嵐「LOVE」弾丸ツアー1日目

15日の札幌ドームでのLIVE。
参加できることに感謝しつつ、アルバムLOVEを聴きながら、出発。
途中で友人を乗せ、空港に着く。

飛行機の旅は50分。
新千歳から新札幌へ。
行ってみたかった「くすみ書房」に寄ってもいいと友人の承諾を得たので、地下鉄に乗る。
文庫本の展示に「おお!」と感動し、地元の学校との連携に刺激を受ける。
嵐「LOVE」弾丸ツアー1日目_a0025572_23333148.jpg
嵐「LOVE」弾丸ツアー1日目_a0025572_2332345.jpg


また地下鉄に乗り、「ろばぱん」本社へ。
昔、ロバでパンを売って歩いたのが起源というパン工場。
1日2時間しか開いていないという、行列のできるパン売り場。
たどり着いたら、「もうこれしか残ってないです。」と言われた中から2個買う(130円)。
嵐「LOVE」弾丸ツアー1日目_a0025572_2334423.jpg

さて、ランチはアサヒビール園。ステーキランチのセットで腹ごしらえしてから
ドームへ向かう。今回は、札幌在住のブログのお友達に会うことになっていたので、
電話で連絡を取りながら、無事会うことができる。この出会いにも感謝。
この時、既に限定グッズは売り切れてしまってた(涙)。

グッズを買ってから、バスで北海道コカコーラ工場へ向かい、工場見学をする。
ペットボトル容器の元の姿や、モンスターズインクを彷彿とさせる製品貯蔵庫に驚く。
コカコーラの誕生秘話や歴史も学び、記念品をいただき、製品を試飲し、ドームへ。
嵐「LOVE」弾丸ツアー1日目_a0025572_23363790.jpg
嵐「LOVE」弾丸ツアー1日目_a0025572_23361171.jpg


LIVEまで1時間。今度は埼玉の方に会う約束をしていたので、焦りつつも
大混雑の中、無事に出会うことができ、人の縁は大切にしたいと切に思った。
・・・とかいたところで、今日はおしまい。
by barnes_and_noble | 2013-11-18 00:32 | | Comments(2)

ギャンブラーにはなれない

同僚に誘われて、競馬場に行ってみた。
クラブハウスとやらに入るのは、初めて。
ギャンブラーにはなれない_a0025572_23523079.jpg
ギャンブラーにはなれない_a0025572_23521233.jpg
ギャンブラーにはなれない_a0025572_23515630.jpg
ギャンブラーにはなれない_a0025572_23502465.jpg
ギャンブラーにはなれない_a0025572_2349524.jpg

クラブハウスからは馬場は勿論、紅葉も眺められて、いい秋の日を過ごした。

競馬新聞の見方や賭け方をを教えてもらい、馬券を買ってみた。
でも、外れるのが怖くて、結局、100円ずつ6レース賭けて、260円損した。
私はギャンブラーにはなれそうもない。損した260円が気になるから。

同僚たちは思い切った馬券の買い方をしていた(私から見ると、だけど)。ギャンブラーだな。
by barnes_and_noble | 2013-11-11 00:10 | 旅行 | Comments(2)

諦めたら、スッキリした

本を読むのは大好きだが、最近、読み始めたのに、なかなか読み進めない本にぶち当たり、
悩んでいた。
今月の読書会で取り上げられる本だから、
読書会のメンバーはみんな読んでるはずで、
読み終えられないのは、私だけ?

悶々として、時間が空くと、本を開こうと努力した。
でも、全然文章が頭に入ってこない。
そういう自分にイラつく。

でも、ふと、この本は読むの、諦めよ、と閃いたのだ。
だって、趣味なんだし、読破しなくても死ぬわけじゃないし。
そしたら、すごく気が楽になって、もっと早く気がつけばよかったと思った。
・・・というわけで、私は「ある家族の会話」(ナタリア・ギンズブルグ著/須賀敦子訳)を
諦めたので、読書会は欠席します、悪しからず(って、ここで業務連絡?!)

さてさて、スッキリしたところで、次の「悶々」は嵐のLIVEで踊るダンス。
おばさんだけど、可愛くダンスできたら、とっても楽しいよね、きっと。
by barnes_and_noble | 2013-11-07 00:15 | モノローグ | Comments(6)