<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

何から書いたらいいのやら

目まぐるしい10日間をざっと記録しておく。
18日(日)・・・新幹線で上京。千代田区立図書館に1日缶詰め。
19日(月)・・・おひとり様ディズニーシー。のんびりと。

何から書いたらいいのやら_a0025572_21325390.jpg
何から書いたらいいのやら_a0025572_21332376.jpg
何から書いたらいいのやら_a0025572_21361110.jpg
20日(火)・・・小学校で朝の読み聞かせ。夕方、友人と「ムーミン展」へ。
21日(水)・・・大人の読書会。友人から小田和正のLIVEの打診あり。ありがたい。
22日(木)・・・6月のイベントに向けて、何から手をつけていいのか、途方にくれる。
夜は、ボクササイズ。
23日(金)・・・仕事帰りに、日帰り温泉へ。ラッキーなことに露天風呂貸切。
一球入魂で申し込んだ嵐のワクワク学校に合格。
24日(土)・・・ちょっぴり姪っ子ちゃんの運動会へ。書店の読み聞かせ空振り。
25日(日)・・・行きたかったパン屋さんで友人とランチ。午後、県立美術館へ。
何から書いたらいいのやら_a0025572_21524498.jpg
何から書いたらいいのやら_a0025572_21531370.jpg
26日(月)・・・イベントに向けてのメール返信にしゃかりきになる。
町内会の会費集めに奔走する。

仕事以外のことで忙しいような、そうでもないような、わけのわからない10日間だった。
今、やっとブログを書く気になった。
さて、と、嵐の「アラフェス'13」観よ。

by barnes_and_noble | 2014-05-27 22:00 | モノローグ | Comments(6)

BARNES、諦める、の巻

嵐のBRAST in Hawaiiのお知らせから週が明け、値段が発表された。
値段が発表される前は、一回くらいハワイに行ってみてもいいかな、とか
よし、仕事休めそうだな、とか
新しい服も買おうかな、とか
次から次へとあれやこれやが頭の中をグルグル回っていた。

家族も行ってもいいんじゃない、と言ってくれたし、
友人も家族に行っていいと言われたとのこと。

と、ところが、金額が発表された途端、ハワイ行きは諦めた。
それほどのお金があれば、嵐のLIVEには行けなくても、
憧れのプリンス・エドワード島とかフィンランドへ行けてしまう。
嵐の今年のLIVE、国内でもあることを願いつつ、
ハワイ行きはすっぱりと諦めた。
諦められる金額だったことが、むしろありがたい。
負け惜しみではなく。

取り敢えず、今は、「ワクワク学校」の抽選に当たることを祈っている。



by barnes_and_noble | 2014-05-17 22:15 | | Comments(4)

りんごの花咲く頃

りんごの花咲く頃_a0025572_23563567.jpg
桜の花が散ると、北国では、りんごの花が咲く。
今はまさにその季節。
りんごの花咲く頃_a0025572_23571769.jpg
儚い桜の花と比べて、りんごの花のなんと丈夫なことか。
指でつまんだ位では、びくともしない。
スベスベした表面は椿の花に似ている。

残念なのは、うかうかしていると、立派な実をつけるための「花摘み」で
枝の先っちょの花が全部摘み取られてしまうこと。
でも、秋には、残念な気持ちは忘れてしまい、
美味しい実がなりますようにと、りんご園のそばを通る私がいる。

by barnes_and_noble | 2014-05-14 00:14 | モノローグ | Comments(4)

BARNES、「アナと雪の女王」を観に行くが・・・

が・・・、ということは、観られなかった訳で。

連休、1日目。
姪っ子を連れて、「アナと雪の女王」を観に映画館へ。
上映30分前に着いたが、その回も次の回も満席とのこと。
その次の回を予約して、下の回の本屋へ。
「怖いのが出て来たら、やだなー。」と言う姪っ子を安心させるべく
事前にストーリーを教えるのはどうかなあ、とは思ったが、
「アナと雪の女王」の絵本を見せて、万全を期す。

サービスで「バムとケロ」のシリーズも端折らず全部読んで上げてから
おやつを買って、一旦姪っ子の自宅へ。

再び出直し、出発。
昼寝していないので、始まる前に眠くなられると困るなあと思ったが、
そこはクリア。
よやくした席はど真ん中だし、よっしゃー!と私の気持ちは絶好調。

ところが、予告編前に映画館が少し暗くなったところで、
まさかの「怖いー。帰るー。」。
いくらなだめても、気を逸らそうとしても、泣き叫ぶのは止まない。

少し前に、始まる前に眠らなくて良かった!と安心した自分が懐かしい。
これなら、姪っ子には悪いけど、眠ってくれてた方がよかったよ、
と思った私って、心が狭い。

結局、「ノーモア、映画泥棒」の映像を観ることもなく、
私は姪っ子に「もっと大きくなったら、見に来ようね。」と言いつつ、
映画館を後にしたのだった。

まあ、私も「大好きなお姉ちゃんのお家に泊まる!」と言ったくせに
夜中になってから、「お家に帰りたい!」と泣いて、
家まで送り届けてもらったことがあったよ、大昔、うん。





by barnes_and_noble | 2014-05-04 23:17 | 映画・ドラマ | Comments(6)