<   2019年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

自分の欲しい物だけ買ってみる

今日の仕事は4時間だけで、
そのあと母のケース会議に出て、
約束していた電話を受けて、
ほっと一息。

ああ、そうだった、注文していた嵐の5×20初回限定版を取りに行ってなかったな、と
本屋に出かける。
『リンネル』の付録かわいかったんだよね、
『天然生活』復刊したんだった、
なんだか気が大きくなって、全部買った。
ま、嵐のはもう料金払っていたから、今日、払ったのは雑誌代だけだけど。

それから郵便出したついでにコンビニでおやつも買って、
自分の物だけ買った優越感に浸る。

少しだけ涼しくなった夜に
虫の音をききながら、
雑誌を眺める至福のとき。
まるで週末。でも、明日も仕事。


by barnes_and_noble | 2019-08-22 20:56 | モノローグ | Comments(0)

『黄金の羅針盤』が読めない体質

読書会の課題本がファイリップ・ブルマン著の『黄金の羅針盤』(新潮社)だった。
分厚い本なので、重い。
その上、読んでもちっとも内容が頭に入ってこない。
『指輪物語』も『ナルニア国物語』も読み切ったファンタジー好きな私なのに
私はもうファンタジーを受け付けない体質になってしまったのか・・・
と愕然とすると共に、
頭が老化してしまったのか・・・
と落ち込んだ。

でも、課題本だから、一応読もうじゃないの、と頑張った。
ほんと、楽しくない作業だった。

さて、本日の読書会。
参加者の皆が、かなり読むのに、努力を要したようだったことに、少し安堵。
しかし、シリーズ3巻を読み切った人もいた。
以前に3巻とも読んで、やっぱり全部読まないと!という人もいた。

でも、私にはあと2巻を読む意欲はない。
仕事じゃないんだから、苦労してまで本を読む必要はない。
残念ながら、そういうことで・・・。


by barnes_and_noble | 2019-08-21 22:13 | | Comments(0)

スイカをスプーンで掘る!

昨日、スイカを半分に切ったものをいただいた。
これは早く食べないと!
晩ごはんの時間がまちまちな家族。
切り分けたら、乾燥してしまう。
色々考えているうちに、一晩経ってしまった。

今日は食べないとね。
切り分ける前にスプーンですくって、味見。
美味しい!とっても美味しい!
スプーンでどんどん掘って、ぱくぱく食べて、お腹がいっぱい。
こんな食べ方、生まれて初めて。
行儀は悪いけど、誰に迷惑かけるわけじゃなし。
満足、満足。

さすがに全部は食べきれず、
残りはスプーンで掘っては、タッパーに。
中身をくり抜いたスイカって、かわいい、ほんと。

お腹だけでなく、目も満足。
たったひとりのスイカ掘りほど、楽しいものはない。
来年も掘りたいな。


by barnes_and_noble | 2019-08-20 21:45 | モノローグ | Comments(0)

読んでは、処分、読んでは、処分

ここ数年、仲間と古本市などに出店しているけれど、
それに出す本は、本棚の上澄みでしかなかったことが
この夏、よぉくわかった。

本棚に並んでいる本をじっくり手に取ってみると、
四半世紀も開いたことのない本が並んでいる。
この先の人生で読むこともないだろう、
まして、家族にとっては単なる場所ふさぎな、中途半端な本たち。

えい、一気に処分!と割り切ることのできない悲しさよ。
もう、絶対に読まないし、傷んでいるし、という本、
旅行前に買ったガイドブックを前に悩む。

そこで、読もうと思って買ってから、開いていなかった本は、
読んでみることにした。
一度読んでから処分すれば、罪悪感が減る。
面白かったらラッキーだし、
途中で断念する内容だったら、そこで本とさよならすればいい。
ま、本を処分する言い訳というか、自分を納得させる方法に過ぎないが。

読んでは処分、読んでは処分を繰り返し、
早く「生きた本棚」にしたいものだ。







by barnes_and_noble | 2019-08-18 09:33 | | Comments(0)

珍しく・・・

昨日の夕方は、最高に蒸し暑くて、
身の置き所もなかったので、
あとで書かなければならなくなる
児童文学研究会のお知らせと
美術館でのトーク&ティーの記事を汗水たらして仕上げた。
集中力がないので、5時間くらいかかった。

いつも締切ぎりぎりになってしまう私にとっては、
大変大変珍しいこと。
これも猛暑のなせる業。

エアコンのないわが家、帰宅したら、扇風機が壊れているではないか。
でも、外からは涼しげな虫の声。
猛暑の終わりもあと少しであると願いたい。



by barnes_and_noble | 2019-08-17 22:50 | モノローグ | Comments(0)

この夏は暑いうえに・・・

去年までは普通のお盆だった。
お盆をめぐる色々なことは義母がやってくれていた。
私が手伝うことといえば、
お盆前の色々な物を買う時の運転手程度。

でも、来年からは色々な準備を私がするということで
今年は仏壇の掃除の仕方や
お膳の準備の仕方、
提灯や灯篭の準備などの
レクチャーを受けた。

メモしたり、デジカメで撮ったりしたけれど、
来年ひとりで準備する自信がない。

記録的な暑さの中で、今まで使わなかった脳みそと体力を使ったお盆も
今日で終わる。
とはいっても、仕事が終わって寄ったら、
お盆の片付けは義理の母がやってくれていたけど。

来年からは、頑張ってやらなければならない。
でも、義理の母には長生きしてもらって、
来年も色々教えてもらいたいものである。

by barnes_and_noble | 2019-08-16 21:04 | モノローグ | Comments(0)

掃除が進まない・・・

生活が少し夏休みっぽくなったので、
懸案の片付けをしようと思ったが、
読書関係の資料やら、広報紙やら、おはない会のプログラムやら
使いかけのノートやらがどうしようもなく、散らばって、
先が見えない。

片づけている途中に、ぽたぽた汗がしたたり落ちてきて、
休憩しようものなら、そのまま、ずっと休憩。

涼しくなった夜につづきをと思うけれど、
今期のドラマは結構、面白くて、それを見なくちゃいけないし、
ぼーっとしているうちに、朝が来る。

自分の机周りだけでも、土曜日までになんとかしたい。
来年はこんなことを書いていたくないと思うのである。

by barnes_and_noble | 2019-08-08 09:32 | モノローグ | Comments(0)

小さい子たちの願い

商店街の小さな七夕飾りを見に行った。
大人の作った飾りは整っていてきれいだが、
小さい子たちの飾りはたどたどしい(?)が
かわいらしい。
「プリキュアになりたい」「ジオウになりたい」etc...

今まで一度も「○○になりたい」と思ったことはない私だが、
その純真さと一途さをうらやましいと思った。

久しぶりに仙台の七夕も観に行きたいと思ったが、
思いつきなので、
実際は、スケジュールが埋まっていて、不可能。
私の願いは、来年は仙台七夕にいきたいってこと。



by barnes_and_noble | 2019-08-06 10:55 | モノローグ | Comments(0)

「長岡の花火」を家で観る夏

今日と明日は、珍しく用事が少ない2日間。
日中はどこから片付けを始めようかとだらだらし、
夕方に片付けを始めたら、足の踏み場がなくなり、
そうこうするうちに、花火の時間になった。
昨日から、観ようと思っていたので、部屋を暗くして、テレビをつける。

テレビ越しではあるが、年々進化する花火は素晴らしい。
花火の合間の解説は鬱陶しいような気がする。
でも、間を持たせてくれるからいいのかなあ。
ただ、コマーシャルが入るので、集中できない。
わが家と実家の両親と義理の両親とででかけた角館の花火を思い出す。
行ったことがあるからこその花火鑑賞。
「体験」は大切である。
そして、「思い出」はもっといとおしい。

by barnes_and_noble | 2019-08-03 21:08 | モノローグ | Comments(0)

真夏のごはん屋さん

晩御飯用のごはんがなくなっていたので、
急きょ、家族と近くのごはん屋さんに行くことに。

家族はよく行くらしい。
保育園時代(オムツをしていた頃)の友達のご両親が切り盛りしているお店である。

挨拶して入る。中は、満席。
手際よく作る様子がカウンター席から見え、
本当に素敵な姿だと思う。

レバー野菜いため定食と大盛カツカレー完食。
「暑いので、大変でしょう?」と言うと、
「お互い、暑さに負けずに頑張りましょうね。」と送り出される。
とても気持ちのよい時間だった。

by barnes_and_noble | 2019-08-01 08:15 | モノローグ | Comments(0)