<   2020年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

最近覚えたひとりランチ

1年前に行動半径が変わって、
噂にきいていたコーヒー屋さんの前を通るようになった。

友人とランチに行ったところ、
オムライスのセットが気に入ってしまい、
午前と午後の仕事の移動の時に、
一人でも寄るようになった
(とはいえ、今まで一人で行ったのは、2回だけど)。

味やゆったりとした雰囲気とテラス席。
お客さんは店内にいることが多いので、
テラスにいると、誰にも邪魔されず、時間を過ごすことができる。
ランチのあとは、本を読んだり、スケジュールの確認をしたり、
考えを整理したりする。
少し贅沢なひとときだ。
時給1時間分の贅沢。
それを楽しめる今が、とても愉快。


by barnes_and_noble | 2020-07-29 21:50 | モノローグ | Comments(0)

帰宅後、ボーっとして、早4時間

午前中、緊張する仕事だったが、なんとか乗り切った、と自分では思う。
午後の仕事も終え、本当なら、今日のお礼状など書こうと思っていたのに、
昨日の残りのカレーを食べてから、
テレビをボーっと見て、
気が付いたら、早4時間経つ。

あー、だめだ、だめだ。
早く寝ないと、明日の朝は早いのだ。
あと1時間のうちに、お風呂と礼状書きをして、寝よ。

by barnes_and_noble | 2020-07-28 22:59 | モノローグ | Comments(0)

今回の休みは・・・

海の日からの4日間、
そのうち、1日は仕事だったが、
残り3日間の休みは、家で過ごせてよかった。

朝のルーティンは守られ、朝は少しばかり野菜を収穫し、
録画していたドラマや情報番組を見て、
本が1冊『画家とモデル』中野京子(新潮社)読めた。。
本の少しだけど、片づけ物ができた。
比較的ゆっくり過ごせた。

明日からまた忙しくなる。
でも、出勤前に朝のルーティンをし、
帰宅したら、また、ほんの少し片づけをすることを心がけて過ごそうと思う。 



by barnes_and_noble | 2020-07-26 22:35 | モノローグ | Comments(0)

こういう時にしかできないこと

4連休ではないけれど、自由に使える時間ができたので、
朝のルーティンが終わってから
(今日はきゅうり1本収穫、ミニトマトは明日収穫できそう)、
家族に、スマホでクーポンを使う方法をあきれられながら教わったり
(送料無料で丸美屋の小袋ふりかけをゲット。お弁当に使える)、
半端に残っていた29円分のポイントを移行してもらったり
(近くのクリーニング店で使えることが判明)、
愛車に貼りたいと思って買っておいた、ちびのミィのステッカーを貼ったり、
(失敗した時用にもう1枚買ったが、1枚で成功した)した。

普段する時間が全くないわけではないけれど、
先送りしていた、些細な事を解決して、すっきりした気持ちになった。

まだ午前中なのが、嬉しい。

by barnes_and_noble | 2020-07-24 10:46 | モノローグ | Comments(0)

『雲を紡ぐ』の次は『しずかな魔女』

『流浪の月』の後に、『雲を紡ぐ』伊吹有喜(文藝春秋)を読み、
今日は『しずかな魔女』市川朔久子(岩崎書店)を読み終えた。

図書館が舞台ということもあって、
私が好きな世界だった。
友人から、市川朔久子の『子やぎのかんむり』(講談社)も借りているので、
今度の休みには、それを読み始めようと思う。

小説好きの同僚のおかげで、
絵本以外の本を読む機会もぐっと増えた。

年をとっても、「読む」ことは続けたい。
五感のうちで、一番、大切なのは、「視覚」だな。


by barnes_and_noble | 2020-07-21 21:20 | | Comments(0)

朝のルーティン

30年前からやればよかったことを、今、始めている。

玄関周りの雑草取り(1日500本)と
玄関の周りの掃き掃除と
家族が育てている野菜の収穫(といっても、今日はきゅうり2本)。

雑草取りは私にとっては、悩ましい。
ジャングルのようになっていることも一因だが、
小さなタイルのかけらやペットボトルの蓋(これは100%家族が落としたもの)が見つかると、
「これは、じっちょりん(絵本に出てくる種をまく生き物)たちがテーブルに使うんじゃないかしら?」
「ありんこたちが巣に持ち帰って家具にするんじゃないかしら?」と
メルヘンめいたことを考えて、手が止まってしまうのだ。

ま、今日で3日目。
「ルーティン」と言い切れるようになるよう(ほかの人たちにとっては、簡単なことだろうが)に、
自分に声がけをしよう。
なんか、小学生の夏休みの「お手伝い」みたいだけど。




by barnes_and_noble | 2020-07-20 09:50 | モノローグ | Comments(0)

久しぶりに活字に浸る~『流浪の月』

久しぶりに時間が取れて、
同僚に借りていた『流浪の月』凪良ゆう(東京創元社)を一気読み。
読み終えて初めて構成が理解でき、
その構成の面白さが新鮮だった。
ずっと最初の章がぴんと来なかったのが、はっきり見えてきたのが読後。

ちょっとヘビーな内容だったが、
結末はそれはそれでいいのだと思った。

現代は、そっとしておいてほしいことを暴く。
勝手に自分たちを正当化する。
多様性を認めるかのようで、実は、狭い了見で物事を判断する。
それに、いたく共感しながら、読んだ。




by barnes_and_noble | 2020-07-17 16:37 | | Comments(0)

5カ月ぶりのランチ

仲のよい友人が、やっと、ご両親の介護の合間に、戻ってきたので、
5カ月ぶりにランチした。
5カ月のうちに、生活様式が全く変わってしまい、
1年以上ぶりに会ったような気がした。

嵐の展覧会で頼まれていたグッズを渡したり、
親の介護認定のこと、
車の買い替えのこと、
結局なかった、嵐の国立競技場のLIVEのこと、
コロナのこと、
新たに始まったドラマのこと(「私の家政夫ナギサさん」「ハケンの品格」「アンサング・シンデレラ」)、
読んだ本のこと・・・
あっという間に、2時間半。

食べて、しゃべっただけなのに、リフレッシュ効果は抜群。
彼女がいて、本当に救われる。
またの再会まで、お互い元気でいようね、と別れる。

悲しいことも話したのに、楽しかったなあ。


by barnes_and_noble | 2020-07-16 17:22 | モノローグ | Comments(0)

なんか楽しいこと

3週間前には、ウィリアムモリス展と嵐展覧会に行って、心が潤って、
2週間前には、温泉に浸かってしみじみして、
10日前には、素敵な文房具にうっとりして、
ちょこちょこ心躍る時間はあるのだけれど、
そういう時間をゆっくり味わっているゆとりはない。

いつも締め切りに追われている。
いつもあくせくしている。

なんか楽しいことが
ちょこちょこ、ちょこちょこあって
なんか楽しいと笑えることを
見つけられる日常が過ごせますように。



by barnes_and_noble | 2020-07-14 23:35 | モノローグ | Comments(0)

BARNES、大いにテンションが上がる!

金曜日の昼下がり。
家の前に宅急便の車が!

家族のAmazonの注文品か、と思いきや、
宛名は私、差出人は街で一番の品ぞろえの文房具屋さん!

えええ?!何、何?!
開けると、私の友人からの贈り物かと思うようなグッズの数々が。   
BARNES、大いにテンションが上がる!_a0025572_18462069.jpg
プーさんのハードカバーのノート(ます目)、
美濃和紙のレターセット、
夏柄のポストカード、
捺染の手ぬぐい本、
フォトフレーム、
革を巻いたボールペン、
大きな水玉柄のがま口ケース3点セット!

何度見ても、見飽きない。
テンション上がるわ~。

それにしても「お中元」のようなこの贈り物、なぜに私の元へ?

とにかく、お礼状書かなくちゃ!

by barnes_and_noble | 2020-07-05 19:49 | モノローグ | Comments(0)